2007年06月20日

梅雨の青空。

 梅雨なのに、毎日、青い空。熱い風。
 どうなってんだろうね、天気。

 ここのところ、TACの直前対策講座の日程が
 つまっていて、多少、やな感じ。
 財務会計論直前答練1、企業法直前2、監査論論文まとめ、
 管理会計論論文まとめ、財務諸表論論文まとめなどを
 立て続けに受講。
 TAC生は、皆、似たような日程だと思うが、こうも続くと
 モチベーションも落ちる。
 まあ、そんなこと言ったら、TACの斉藤学院長が、
 「受験できることは、最高に幸福なことなんだぞ、バーロー」
 と怒りそうなので、勝手に、そう怒られたことにして、
 真摯に受け止め、また、明日から頑張ろうかと思う。
 ここで、唐突に斉藤学院長が登場したが、
 なんだか、今年の論文式本試験の終わった翌日に
 セミナーを開催するみたいね。
 僕は、去年の今頃、新宿で開催されたセミナーに参加した。
 「インド人は、カースト制度で、生まれながらにして、
 職業が決まっているが、日本人はそうではない。そこの
 あたりの幸せをよく考えてみよう」という話から始まって、
 「強い心がないと試験には絶対勝てない。僕は、
 清貧でストイックな生活を続け、全身全霊を傾けて
 勉強して、合格を勝ち取ったぜ」というような話まで、
 幅広く話してくれた。
 会場は、満席で立ち見もでるほど。なんか活気があったなあ。
 で、今年のセミナーは、さっきも書いたけど、論文式本試験の
 翌日にやるらしい。
 なんか、意味があるのかなあ。うーん。
 今年の本試験を受ける人達は対象外なのかね。
 とか、まあ、どうでもいいことね、それは。
 しかし、TACNEWSを読んでいる方は、知っていると思うが、
 学院長は、壮絶な人生を歩んでいらっしゃる方なので、
 熱い話が聴けると思うよ。興味のある方は、タックに問い合わせ
 てみてください。(って、なぜ宣伝活動みたいな文章に
 なっているのよ?まあ、いいか)

 で、短答の問題解答集が、TACで配布されていたので
 やってみた。
 企業法 13/20
 監査論 15/20
 管理会計論 15/20
 財務会計論 28/40
 というわけで、ギリギリ7割越え。
 あぶない、あぶない。
 1年ぶりに解いたけど、けっこう緊張した。

 さて、全答まで、2週間弱。
 どこまで、完成させられるか。
 なんか、忙しがってイマイチ集中できてないのが
 気がかり。うむ。
 

 
 
posted by hide at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45414402

この記事へのトラックバック

詳細 米国公認会計士(CPA)試験テキスト〈2
Excerpt: 米国公認会計士試験の中でも暗記が重要なTAXの意味がよくわかるので非常に身に付くのがはやく感じます。Willeyに取り掛かる前に一読すると非常に効果的に学習することが出来ると思います。・国際会計検定 ..
Weblog: CPAの日
Tracked: 2007-09-26 05:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。