2008年10月12日

気持ちのいい秋なのに。

 10月。中旬。第2四半期レビューがスタート。

 お騒がせしてました補習所の単位ですが、
 10月7日に発表になりました。
 協会の担当者が10月下旬に発表するなんて
 言うもんだから、半分興味も薄れていたのだけど、
 このタイミングで発表。あてにならんねえ。
 でも、まあ知りたいことには変わりない。
 補習所のHPで、自分のパスワードを入れて、
 マイ画面(自分の取得単位が表示されている所)を
 開く時は、若干緊張した。
 
 最後に残っていた研究論文のパスラインは、60点。
 で、私の点数は、なんと79点。
 ということで、無事、補習所の規定単位を取得する
 ことができました。
 イエーイ。けっこう長い道のりだった気がする。
 これで、ようやく12月の修了考査の受験資格が得られたね。
 けど、気づくと、本番まで、残り約2ヶ月。
 正直、間に合うのだろうか?という不安。
 いいことばかりはありゃしない。

 で、いよいよ今日から、TAC渋谷校において、修了考査答練が
 始まったので、非常に行きたくなかったけど、
 受けてきました。
 会計実務3時間。監査実務3時間。なんでそんなに長いのよ?
 というテスト。あっという間に、夜。
 会計実務は、連結やら、株主資本等変動計算書の作成やら、
 注記事項の記述、ヘッジ会計など、幅広く出題。
 監査実務は、予備調査やら、事例問題やら、特殊売上監査の留意
 事項など、やはり幅広く出題。
 どちらも、そんなに難しいとは思わなかったけど、
 いかんせんブランクが1年以上。
 いくら実務で毎日接しているとはいえ、テストとなるとちょっと
 勝手が違う。
 つまり、まったく思うように解けん、書けん。
 帰り道、再び不安に苛まれて、暗い多摩川の
 その先のビルの光を、ぼんやり眺めたりしてしまいました。

 というわけで、現時点で完成度は非常に低い。だけど、
 久しぶりの答練で、実力のなさを痛感したのは大きい。
 ちゃんと、やらなきゃならんね、実際。

 
 明日は、休日のはずだが、なぜか仕事。確か次の土曜日も
 仕事。で、翌日の日曜日は、またTACで答練。
 なんだかなー。

 気持ちのいい秋なのに。
 
 
 
posted by hide at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。