2008年07月31日

夏の太陽。

 7月も終わり。
 明日から、8月。
 ということは、いよいよ会計士試験本番。
 昨年の今頃は、全答練の結果が出て、イマイチだったりして、
 漠然とした不安に包まれつつも、遠くに見える
 光をめざして、突っ走ってたなあ。
 後、残すところわずかですけど、まだまだいろいろ
 できると思います。
 とにかく、自分を信じて、未来を信じて、前進してください。

 
 でもって、今日は、補習所の課題研究の提出締切日だった。
 課題研究というのは、補習所からテーマが言い渡され、
 そのテーマについての論文を書くというもの。
 J1からJ3までで、1回ずつある。
 これらの論文を提出して、一定以上の単位をとらないと
 補習所は修了できない。
 めんどくさいやん。イヤやあ。と思うのだが、
 さらに、やっかいなことがある。
 もしこれらの論文で一定以上の単位がとれない場合、
 再提出が認められるのだけど、それは、なぜか翌年でないと
 受け付けてくれないのだ。
 つまり、仮に、今回のJ3の論文で単位がとれなかったら、
 再提出は、来年の今頃。ということは、
 今年中に、補習所を修了できないことになり、
 本年、修了考査を受けようと思っている私の計画が
 1年延びてしまうことになる。
 やばいやん。
 ということで、多少、緊張しつつ論文を書いた。
 今回のテーマは、「内部統制監査」。メインは、
 内部統制監査が、会社・監査人・社会に与える影響を
 自分で考えて述べよ!みたいな奴だった。
 って言っても、内部統制監査が実施されることで、
 会社の内部統制が確立され、
 財務諸表の適正開示が促進されて、会社も監査人も社会も
 ハッピーじゃん!位のありきたりのことしか考えられない私。
 既定枚数に達するまで、内部統制本、内部統制がらみの記事を
 大いに参考にして書いた。
 まあ、余程のことがない限り、単位がもらえない程の
 出来ではないと思うのだけど、それでも、心配は心配。
 なんとか、きっちりパスできますように!
 ちなみに、J1の論文は、クリア。J2の論文は、4ヶ月も
 前に提出したのに、まだ採点中。
 まったくもって、先生方も忙しいみたいだが、早く結果を
 知りたいってーの。
 
 そんなわけで、7月は、補習所の合宿や、集中講義や、 
 考査や、論文提出で、やたら忙しかった。
 補習所の、フルコース。
 なんだか、監査の仕事よりも時間を使ってる気がする。
 うーん。

 
 盛夏。
 まだまだ、これから。 

 

 
posted by hide at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

夏音。

 時が過ぎるのは、早いのであるなあ。
 今週の月曜日。海の日。1日使って、補習所の考査。
 でもって、毎日、仕事だ。補習所だ。移動だ。
 夏だ。仕事だ。補習所だ。などと、予定をこなして
 いたら、もう金曜日。週末。
 いやあ、早い。
 まったくもって、監査・会計がらみのことしかしてない
 ので、非常に単調。
 ああ、我が人生。
 
 補習所の考査は、J1J2分ともに、なんとか終了した。
 40点に満たない場合は、追試なのだが、その受験料が、
 なんと10,000円かかる。
 そんなもの、たとえ僕が、スーパーリッチマンになっても、
 払いたくないので、ちょっとは真面目に勉強した。
 やばいのは、ITの業務処理統制・全般統制がらみの問題。
 何回か、テキストを読んだけど、どうしても頭に残らない。
 結果、考査でも、ひどい論述を、よこなぐりの字で書くことに
 なった。
 けど、聞いてみると、まわりの人も、おしなべて勉強不足ぎみ。
 さらに、苦手意識が強いらしい。なので、おそろく
 みんな似たりよったりの点数だろう。希望的観測だけど。
 でも、ITに強いってのは、会計士としても強みだよなあ。
 ちょい、コンプレックスを抱えてます。
 後、残す考査は、J3の1回分のみ。出題は、連結納税と
 企業再編税制。元税理士、頑張れよう。
 今回の考査の結果は、1ヵ月後位に発表かしら。

 
 しかし、毎日、蜃気楼の中にいるような暑さ。
 今日は、蝉の声を、三田で聴いた。第一京浜のゴウゴウと
 車が走っている脇の低い木のあたりで、聴いた。
 夏を届けてくれたのね。

 明日は、いい加減休もうと思ったけど、まーた補習所。
 やってくれるやないのお。
  
 
 
posted by hide at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

富士山は、そびえていた。

 補習所の1泊2日合宿に参加した。
 富士山の裾野にあるグリーンフルなホテルにて。
 研修は、4名位のチームに分かれて、それぞれが経理部の人になり、
 連結財務諸表や注記などを作成していくというもの。
 「なんや 、簡単やん。」と、スラスラサラサラと
 始めたのだけど、どーも点数が、よろしくない。持分法適用会社の
 仕訳問題など、トラップに気づかず、壊滅状態になったりした。
 結果、47の参加チーム中、28位。
 情けない。
 トップのチームなんかは、壇上に上がり表彰されていたが、
 結構、格好よかったなあ。
 「俺たち、仕事できるだろう。」的な上流会計士。
 逆に、47位のチームも、壇上に上がり反省の弁を述べさせられ
 ていたが、あれは、ちょっと恥ずかしいだろうなあ。
 まあ、それよりもチーム内で、「沖縄旅行は、どうでした?」
 「青い海が最高でしたよ。」だとか、「どんな仕事やってます?」
 「はい。僕は、デリバティブ取引なんかをよく担当しています。」
 みたいな、世間話をしつつ、問題を解いていくプロセスが
 けっこう楽しかった。
 
 でもって、夜は、飲み会。
 最初は、自分達の班を担当してくれている先生に、5年後の
 業界の話や、普段の業務の仕方など、タメになるお話を
 お聞きして、「いろいろ課題が山積みだ。もっと頑張らね
 ばならぬ」と酢を飲み干した時のような
 神妙な顔をして飲んでいた。
 けど、後半になると、みんな酔っ払って、
 年齢あてクイズや、あの頃のドラマを覚えているかい?
 みたいな、どうでもいい話題で多いに盛り上がった。
 23時30分に解散の予定だったが、終わったのが25時過ぎて
 たと思う。
 で、おとなしく寝ればいいのだけど、まだ話足りない連中は
 いて、2次会が、なぜか我々の部屋で行われた。
 オイオイと思ったが、まあ、仕方ない。
 さらに、輪をかけて、くだらないバカ話(だったと思う)で、
 盛り上がり、そのうち疲れて寝た。
 
 そんなこんなで、2日間の泊り込み研修も終わり。
 まだまだ勉強が足りない自分に気づいたのは、収穫だ。
 補習所のいいところは、いろいろな法人の人達が
 集まるところだ。それぞれ、個性があってけっこう楽しい。
 いろいろな刺激を受けたなあ。
 
 で、話は変わるけど、来週の21日には、補習所の考査が
 実施される予定。
 これに通らないと、12月に修了考査が受けられない。
 なので、残すところ、わずかな時間しかないが、なんとか
 しよう。
 
posted by hide at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。