2008年06月30日

雨の音。

 ここのところ、研修ばかり受けている。
 監査法人は今、とても暇な時期らしく、
 先週は、月から金まで、みっちりとJ1研修なるものを
 受けた。
 分析的手続きから始まり、エクセルのピボットテーブルなんか
 習い、実証手続きのイロハを、諸先輩方が教えてくれた。
 これらの講義は、我が法人ネットワークの全世界統一研修らしい。
 世界のJ1が、同じ内容の講義を受けているらしい。
 なんだかすごいことだが、よくわからんことでもあるなあ。
 で、補習所の講義が、月、火、金の夜と、土曜日の昼間
 にあって、真面目に全出席。
 更に、朝は朝で、TACの修了考査対策の講義を、小1時間
 聴いている。
 うーん、講義だらけ。
 次から次へと、講義が押し寄せてくる。
 なぜに、そんな重なるのよ。
 いい加減、飽きる。嫌だ。

 で、明日から3日間、補習所の集中講義とか言って、
 仕事もせずに補習所で、講義を受けることになっている。
 ここまで、ビッシリとスケジュールが入り、
 多面的な研修プログラムが組まれていれば、
 さぞ立派な会計士が出来上がることだろうが、
 受講する方は、ほどほど飽きてしまっている
 わけで、集中しようにも、集中できず、
 もう嫌で嫌で仕方ない。
 
 そうは言っても、これだけ、いろいろな人が、
 いろいろなことを教えてくれるんだから、
 楽しいといえば、楽しい。うれしいといえば、
 うれしい。幸せといえば、幸せ。

 そんなわけで、梅雨の長雨はもう少し続く見通しですが、
 その先は、晴れることでしょう。よかった。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
posted by hide at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

霞む空の下で。

 帰りの電車の中で、ビートルズのホワイト・アルバムを
 聴いてたのだけど、このアルバムの発売は、1968年。
 今から、40年も前。
 ほほーん。
 何気に聴いていたが、大昔じゃないか。
 天才の音楽ってのは、すごいねえ。
 個人的には、まったく色あせてない。
 最近は、あまり遊ばず、会計・監査ジャーナルみたいな
 日々を送っているので、i-podで聴く音楽でさえも、
 やたらビリビリッときたりして、それだけでストレス解消
 ってな気分になる。
 同系色の日常に染まると、音楽を聴くだけで、アドレナリンが
 出てくる。僕は、単純に出来てるなあ。
 
 さて、補習所の一件。
 全然ひっぱる話ではないのだけど、僕は、普通の会計士
 見習いが3年かけて補習所に行くところを1年で済みそう
 な見通しなのである。
 なんで、そんなことができるのよ?って話ですが、
 それは、以前、税理士法人勤務時代に、税務とは別に
 たまたま監査のお手伝いをしていて、それが補習所の
 補習の短縮規程にハマッタということなんだなあ。
 でも、今みたいに監査法人に所属してバリバリの
 監査補助をしているのと比べると、かわいいひよこ的な
 監査補助なわけで、若干いいの?って気持ちもないわけ
 ではない。
 なので、その辺は、金融庁にコンタクトをとり、
 これこれこんなヒヨコ監査補助だけど、いいですか?と
 問い合わせ、事前に大筋で合意して、申請したという経緯がある。
 まあ、スタートが遅い僕にとっては、どんどん前倒し
 したいので、申請がとおってよかったっていうのはある。
 ちなみに、短縮は、補習所の3年分のカリキュラムを、
 1年で終わらせるってことで、補習所の負担が軽くなるわけ
 ではないです。念のため。

 そんなことより、ドラマ「監査法人」
 第2話だってのに、果てしなく重たいテーマに突き進んでいる。
 もはや、会計士ドラマではない気がする。
 若杉の、明日なき暴走が、どう未来へつながるのか?
 すごい。
 
 
posted by hide at 00:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

夢と日々。

 6月。
 梅雨。
 最近、妙に雨好きな私。
 しっとりした感じが、とてもいい。
 心と体が潤おうのだ。
 つまり、枯れているんだろうな、体も心も。 
 ハハ。
 
 さて、今年の12月に向けて、修了考査対策も徐々に本格化。
 またTACのお世話になってます。
 「2008年合格目標 修了考査対策講座」(ダウンロード通信
 118,400円)なるものを受講。
 この講座のスタートは、2007年9月。試験の1年以上前から
 始まっている。随分と早くからやるものだねえ。
 会計実務 全21回。監査実務 全10回。税務実務 全27回。
 経営実務 全8回。と、意外とボリュームがある。
 まだ、実際の本試験の問題を見ていないので、
 修了考査が、どのレベルかよくわかっていないのだが、
 他の受験生(って、ちょっと違和感あるけど)も、とりあえず
 TACか大原の修了試験対策を受けて、パスしているみたい
 なので、おとなしく真面目に講義をつぶしていくことで、
 なんとかなるのではないかと思う。

 で、僕は、今年の4月位から受講し始めたから、今はこれまでの
 講義を、ガンガン消化している段階。
 朝とか、夜とかにi-podに移した講義を、フムフムと小難しい顔
 をして聴いている。
 基本的に、会計士試験の内容と同じだけど、理論に加えて、
 実務的なところまで出るので、ちょっと大変。
 例えば、連結の範囲とかで、「要件を満たしても子会社・
 関連会社とならない具体例」などと言いだして、やたらと細かい。
 しかし、それを知らないと、仕事にならないので、文句は
 言うまい。
 
 そんな感じで、空いた時間は、修了試験対策講座。
 普段は、仕事したり、補習所に行っているから、四六時中、
 会計・監査に囲まれて生きていることになる。
 それって、なんだかすごいことだなあ。
 よくもまあ、次から次へと、やることがあるよなあ。
 みんな似ていることなのだが。
 でも、まあ、頑張るか。シュッ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by hide at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。