2007年12月30日

年の瀬07

 年の瀬。
 12月は、グルグルとめまぐるしかったなあ。
 監査法人に就職して、たくさんの人と出会った。
 携帯のアドレス帳が、グワンと増えた。
 みんなとてもいい人。
 先日、法人の納会が開かれた。
 我々スタッフにとっては、遥かなる上の人である理事長が
 ブラブラ歩いていたので、同じ部の仲間といっしょに、
 ご挨拶をさせていただいた。
 やはり、オーラはすごい。
 うむ。   
 けど、負けないよ。

 さて、さて、私的勉強法。
 今回は、管理会計論。
 僕の場合、管理会計論は、かなり苦手。
 特に原価計算分野が、よくわからず苦戦。
 TACの講義・テキストをつぶしても、なんだかフワフワだった
 ので、岡本清先生の「原価計算」を1年目に読みました。
 そしたら、TACテキストで言わんとすることが、
 なんとか理解できるようになって、問題を解くのが
 面白くなりました。
 余談だけど、基本事項を理解は、応用事項まで背伸びして
 理解しようとすることで達成できることがあると思う。
 岡本原価計算は、入門書などと言われているけど、ボリュームが
 半端ではないし、応用的な記述も多い。
 それを、うんうん悩みながら読んで、結局わかったような
 わからないような読後感ではあるけど、TACテキストなどに
 目を移すと、「なるほどー」と、恐ろしくスッキリと
 テキストの内容もしくは講師のレジュメの意味がわかったり
 する。
 「急がば回れ」本試験まで時間は限られているけど、意外と
 大事かもしれない。
 でもって、その後は、短答答練・アクセス・論文答練で定着化を
 はかっていきました。
 短答答練は、TACの他に、大原とかLECの問題なども解いていた
 なあ。
 その辺は、趣味の問題だろうけど、LECの池邊先生の問題が
 エクセレントだ!などという噂を聞いて、ちょっと手を出した
 りしてました。(僕には、レベル高かった感あり。短答問題
 を中心に解いて、論文問題は手をつけませんでした)
 で、管理も簿記と同じで、1日でもさぼると、勘が鈍るので、
 管理表をつくり、苦手論点・得意論点を明確にしながら、
 1日最低1アクセスという感じで直前期(ここでは、1月から本試験
 まで)を過ごしました。
 後、やはり、管理の計算と理論の結びつきが強固なので、
 計算を解く時は理論を意識して、理論を解く時は計算を意識
 するようにして、わからないことは、講師・受験仲間
 だれにでも、質問するようにしていました。
 最終的には、苦手な科目ではあるけど、時に
 成績優秀者に名前が載ることもあったりして、全答では、
 偏差値58位。まあ、苦手意識は相当あったのだけど、
 なんとか普通レベルにはなったと思う。本試験でのデキは
 よくわかりません。
 授業については、07は、奥瀬先生のハイレベルでした。(授業
 内容については、06.12.11のHello,CPA!!で少し触れた)
 そんな感じでしょうか。ハイ。

 まあ、年末年始の過ごし方は、受験生にとって意外と
 ナイーブ。
 けど、基本的に勉強に明け暮れるのがいいのではないでしょうか。
 その方が、年明けに勢いがつきます。
 まあ、僕もウカウカしていられないわけで、実務につくに
 あたって、勉強することが山ほどあります。
 頑張らないと。

 というわけで、今年もいろいろお世話になりました。
 引き続き、来年もよろしくお願いします。
 よいお年を!
 ピース。
 

posted by hide at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

クリスマスに雪は降るのか。

 クリスマス、もうすぐ。
 去年、涙でにじんだ道玄坂のイルミネーションも、
 今年は、まあ、まともに見れる。見上げられる。
 
 さて、勉強法。
 やはり考えてみると、いろいろ書くことが
 あって、当「Hello,CPA!!」のような、ふわふわ感漂う
 ブログでは、とてもお伝えしきれない気がする。
 なので、ニュアンス的な部分を書いてみたいと思う。
 それでいいの、あなた?という意見もあろうが、それでいいのだ。
 しかも、これは、僕だけの個人的な経験から言うのであるから、
 さらに自由度は増すのだ。うん。
 
 まず、全般的なこと。
 僕が感じるのは、試験に合格するということを考えた場合、
 受験テクニック的な効率面を重視して、必要なことを必要な
 だけ勉強することが大事だとは思うけど、
 どの科目にもおいても、ある程度、深堀りすることが大切だと
 思う。
 深堀りというのは、それぞれの論点を自分の納得いくまで、
 1度、2度、3度考えること。
 そうすることで、各論点の本質(なんてわからないかもしれない
 けど)が見えて、各論点が有機的につながり、それは、
 本試験で、自信の持てる思考力につながるのだ。
 急がば回れ的な思考だけど、せっかく受験勉強をするのだから、
 表層的な知識でなく、将来まで役に立つ本当の知識を身につける
 いいチャンスだと思う。
 なので、この時期に、講師・先輩・友達にどんどん質問したり、
 議論するってことは、受験にも役立つことはもちろんだけど、
 将来の財産にもなる。偉そうなことを言うようだけど、
 じっくり勉強とつきあえるのは、今のうちだけのような気がする。
 なので、その時期を、なるべく有効に使うのがいいのでは
 ないかと思う。
 とても、横道。

 後、TACでいう答練などをペースメーカーにして勉強するのが
 よろしいかと思う。
 TACの場合、全答練が3月末と、7月はじめにあるけど、
 今思うと、おかしいほど、それらのテストにあわせて
 勉強を仕上げていた。
 結果、その時点までで、一応、テキストの論点はカバーできて
 いるので、本試験に向けて、どこが強くて弱いのか
 なんとなく見えた。で、本試験までに力を維持しつつ、足りない
 所を補強していった。まあ、この辺は、だれもがやっている
 ゴールデンコースだろう。

 でもって、各科目。
 まず、簿記。
 会計士になろうと思ったら、会計学をはずしては、まずい。
 会計学が苦手な会計士は、ちょっと弱いと思う。
 その基本となるのが、簿記。
 なので、僕は、毎日毎日、簿記の問題を解いた。
 アクセス、各答練、過去問など、1日最低2時間は費やした。
 朝のスタートは、ほとんど簿記だったなあ(時々、管理)。
 毎日、解いていれば答練とかで大きく崩れることはないと思う。

 次に、財務諸表論。
 基本的に、塩川レジュメ(TACの1200Pのテキストを1/3位に
 凝縮したもの)を、グルグル回した。
 文章をきれいに書くために、ある程度のキーセンテンスは
 暗記して、後は、論点を具体的にイメージできるまで、
 読み込んだ。 
 第29章まであるけど、本試験直前には、半日くらいで
 1回転できたかな。
 答練で出てきた問題とかを、なぜ、そうくるの?的な考察を
 して、テキストや会計基準に戻って確認するという作業もした。
 そんなことをしていると、TAC内では、そこそこの成績にはなる
 と思う。

 でもって、次。

 と思ったけど、長くなるので、また次回。
 書いてみて思いましたが、まとまってない。
 本気で書こうとすると、ものすごいボリュームになりそう
 だし。
 なので、冒頭でも言いましたが、ニュアンス論。
 役に立たないよ、これ。という意見も正。
 ふー。

 ご質問・クレーム等は、コメントもしくはメールにて。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
posted by hide at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

そして、夢の中へ。

 今日も、空は晴れていた。
 なんとか試験にパスしたので、目にする景色、どこを
 とっても、美しく見える。
 つかの間の平穏な日々。
 
 そんな中ではあるが、監査法人の研修は続く。
 朝から暗くなるまで、監査実務、IT研修、心得研修などが
 続く。
 積み重ねていくごとに、監査の醍醐味も感じることができる
 けど、監査の責任というか重圧みたいなものをすごく感じる。
 監査という職務は、かなり重たい。
 それだけに、おそらく達成感もすごいことになるのだろう。
 まだ、五里霧中なわけなんだけど。

 そんなわけで、受験生活とは、まったく異なる生活になった。
 なんというか、受験生として、お伝えできることも限られて
 くると思う。とてもさみしいことだけど。
 なので、当ブログ「Hello,CPA!!」も、そろそろ
 エンディングの時期ではないかと思っております。
 
 今まで、読んでいただき、皆様には、いろいろ
 励ましていただきました。
 その力を糧に合格できたと思っております。
 ありがとうございました。
 

 青い空があふれている今日この頃。
 胸いっぱいの気持ちで。
 

 って、まだ、終わりではないです。
 軽く、科目勉強法でもお伝えしてから、ブログを終わりに
 したいと思います。
 平凡な内容になるとは思いますけど。
 
 
posted by hide at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

風の吹く方へ。

 さて、さて、来週から監査法人生活がスタート。
 いよいよだねえ。
 一体、どんな世界なのだろうか。
 良いという人もいれば、良くないという人もいるので、
 結局、自分で確かめなくてはならないのだけど、
 おそらくエキサイティングな世界だろう。
 あせってもしょうがないが、どんどん力をつけて、
 一日も早く、一人前にはなりたい。
 
 さしあたり、僕は、補習所のカリキュラムを、きっちり
 消化して、単位をバンバン貯めることにする。
 よく把握してないけど、補習所のテストの点数で、もらえる
 単位も違う。ディベートでは、発言1回につき2点もらえて
 それが、単位に換算されるらしい。
 ポイントを貯める気分だね。
 補習所のガイダンスで、説明を受けた時は、とてもめんどくさく
 けだるい気持ちになったが、今は、とても前向き。
 所定の単位を集めた暁には、標準的な会計士候補生になって
 いることだろう。

 でもって、今週の金曜日は、会計士協会の準会員登録をしに、
 市ヶ谷の会計士会館まで行った。
 なんだか、とても混んでいて、手続きが済むまでに、2.5時間位
 を要した。
 必要書類がたくさんあって、証明書等を集めるのも大変だったが、
 協会の人に、書類をチェックしてもらう時、不備がないかと
 ちょっとヒヤヒヤした。
 意外と小心者なのだが、協会の人も、どこか威圧的な態度で
 チェックしてたよなあ。
 でも、まあ、これでめんどくさい作業も終わり。
 後は、頑張るだけ。
 手続きが終わり、市ヶ谷のJR横の釣り堀を眺めながら、
 決意を新たにしたのだった。

 というわけで、冒頭に書いたけど、いよいよ新生活。
 待ち受ける苦難よ。困難よ。
 何があっても、負けないよ。あきらめないよ。くじけないよ。
 胸いっぱいに、息を吸い込んで、頑張ることにする。
 夢の続き。
 


  
 
 
 
 
posted by hide at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。