2007年11月23日

空は、青くて。

 さて、合格発表から数日が過ぎた。
 ようやく落ち着いてきて、次のステップをじっくり
 考えられるようになった。
 
 しっかし、11月19日は、素晴らしい日だったと思う。
 ネットで合否を確認しようと思っていたのだけど、
 なぜか9時前後に、私は雑用をしていた。
 そしたら、某監査法人から、携帯に「おめでとうございます。
 是非、今日1時に当法人へ!」と連絡が入る。
 その時、9時7分。
 おおおおおお、うおおおお。そうなの?ホントなの?
 半信半疑で、ネット接続。
 膨大な量の合格番号の中から、自分の番号を探し出す。
 おおおおおお、うおおおお。ホントじゃん。
 心から、歓喜。
 心から、支えてくれた方々に感謝。
 うれしかった。

 僕の場合、結局3年間、受験生活をしていた。
 振り返れば、いいことつらいこと半々だけど、基本的に
 いつも、会計士試験合格に焦がれていた。
 昨年の不合格のときは、先輩に「合格したいなら
 死ぬ気で頑張れ!」と励まされ、涙した。
 それから、けっこう頑張ったとは思うけど、07の本試験は
 決して、満足のいく結果ではなかった。
 試験ってのは、だから嫌だよーなどと、心の中にポッカリと
 穴があいていたが、今回、時代が会計士を大量に必要としている
 ことを追い風に、パスすることができた。
 結局、何が言いたいのかというと、昨年、不合格だったのも、
 今、思えば、必然であって、今回の合格をむかえるための試練
 だったような気がするのだ。あの時の、くやしさ切なさは
 無駄じゃなくて、今につながるエネルギーだったんだよなあ。
 で、それは、とどのつまり、結局何が言いたいのかというと、
 くじけちゃダメ!あきらめてはダメ!そうすれば、道は拓ける。
 ということなのだ。うん。
 
 で、合格発表により、ボルテージが上がった
 私は、霞ヶ関は金融庁へ向かった。今日だけ、合格者を
 掲示することになっていたので、自分の名前を見ておきたかった。
 金融庁の掲示板は、北側の陽の当たらない場所にある。
 僕が行った時は、チラホラ人がいる程度だったけど、みんな
 寒そうに無口に、自分の番号を確認していた。
 僕は、番号があることを知っていたので、比較的足取りは
 軽かったけど。
 しっかりと、自分の番号・名前を確認。
 そして、これからの就職先となる監査法人へご挨拶。
 そこには、これから同僚となる仲間が集まっていたが、皆、
 笑顔だったのが印象的。
 さらに、夜から、帝国ホテルで、TACの合格祝賀会。
 いっしょに合格した仲間と健闘をたたえあう。ここでも、
 みんな笑顔。そういう空間は、そうはない。
 会は、斉藤学院長のお話で始まった。僕は、何を話されるか
 とっても興味があったのだけど、会場の後ろの方では、酒に
 酔った連中なのか、礼儀を知らない連中なのか知らないが、
 ずーと、大きな声で話し続けている。かなり、うるさいのだが、
 斉藤学院長は笑顔で、祝辞。
 次に話した、さおだけ屋の山田真哉さんは「僕の話、ほんとに
 聞きたいですかー?」と、こちらは若干投げやり気味。
 成人式で暴れる若者のニュースがあるけど、そんな感じ。
 まあ、いいかあ。でもって、僕は会場のあちらこちらにいる
 講師の先生に、お礼まわり。
 南先生や、阿部ちゃんが来てなかったようだけど、他の先生は
 ほぼ来ていた。
 勉強を教えてくれるだけでなく、くだらない質問にいろいろ
 つきあってもらっただけに、頭が下がった。
 
 11月19日は、空が晴れていて、どこまでも青かった。
 先輩が、「僕の合格した時も、こんな青空だったよ。」と
 語ってくれた。
 僕も、おそらく、あの空の色は忘れない気がする。
 これから先、期待も不安もある。
 けど、まだまだ進める。
 もっと、前へ行ける。
 合格した方も、しなかった方も頑張りましょうね!

 
 

 
posted by hide at 07:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

スタートライン。

 青い空。
 
 風が冷たいけど気持ちいい。

 光が、すごくまぶしい。

 公認会計士試験。

 なんとか無事パスできました。
 
 ほんと、感謝です。

 やっと、スタートライン。

 シリーズ・オブ・ドリームス。

posted by hide at 10:34| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

青空のフォトグラフ。

 めっきり寒くなった。
 リアルに、冬を思い出したりした、この土日。
 しかし、ここのところは、サラリーマン生活を続けているので、
 例え、寒く雨が降るような土日でも、休みはうれしい。
 勉強してた頃は、曜日は、ほとんど気にしていなかったけど、
 あっという間に、通常モードに戻った感じだ。

 TACプロフェッションバンクで紹介された派遣の仕事は、
 来週いっぱいで終了。
 赤坂にある税理士法人。
 偶然、紹介された事務所だったけど、ここの人は、みんな
 とてもいい人達。
 いっしょにランチも連れて行ってくれるし、わからない所が
 あると、いっしょに調べてくれるし、会計の醍醐味とかを
 語ってくれるし、来週には、軽く送別会も開いてくれる予定。
 ノーマルな税務申告から、M&Aや、事業再編、事業承継、さらに
 講演活動まで、幅広いサービスラインを敷いているので、
 個性豊かな人材が集まっている感じがする。
 「よかったら、ここで働いてくれていいよ。」などと
 有難い言葉をかけてくれたりもする。
 心がゆれるじゃんよお。
 所長である先生も、とってもキレモノなんだけど
 1番大事にしているのは、「仲間(スタッフ)だぜー」
 と、ホントかよー、でも、まあ悪くないよな的な発言を
 臆面もなく言ったりしている。
 まあ、久しぶりに実社会を経験させていただいたわけだけど、
 いい事務所でよかったなあという実感。
 税務申告の感も取り戻せたし、何よりも、赤坂という場所で
 ビジネスを展開していく事務所のスピード感を感じることが
 できたのが、収穫。
 後、残すところわずかだけど、しっかりとお手伝いしよう。


 さて、会計士試験の合格発表の方も、後1週間。
 ただ祈るのみ。
 青空のような気持ち。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
posted by hide at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

秋の青空に。

 秋晴れの日曜日。
 寒くもなく、暑くもない、バランスのとれた今時の気候。
 秋は、冬が近づいてくるから、なんとなくさみしいのが嫌だけど
 今日みたいに晴れた時は、とても気持ちいい。さわやかなんだよ、
 実際。
 
 などと、天候及び季節のあたりさわりのない話をしているうちに
 いよいよ、発表まで2週間。
 早いなあ、ほんと。(いつも、同じこと言っている)
 最近は、時に眠れなくなることもある。あーだ、こーだと
 いろいろな考え・イメージが脳の中を駆け回り、楽しいと
 いえば楽しい。つらいといえばつらい。
 あまり関係ないけど、試験前は、ガンガン計算問題を解いていて、
 途中でつまづき、やばいヤバイゾー、どーする?!的な夢を
 よく見たけど、最近は、友達が出てきて、楽しく語りあったり、
 懐かしい風景を見つめて、いいじゃん、すごくー!的な楽しい
 夢をよく見るようになった。
 なんとなく、脳もリラックスしているんだろうなあ、おそらく。
 まあ、夢の話はどうでもいいが、発表までの、この2週間で、
 今後の方針を明確に、決めておかないといけない。(今まで
 だって考えていたけど)
 当然、天国と地獄の両方があるわけで、それぞれの道を考える。
 天国は、そりゃあ、楽しいイメージがどこまでも広がっていくが、
 地獄は、やはり、いばらの道。いやー、それだけはイヤヨーと、
 叫びたいが、もはやジタバタしも始まらない。
 どちらにしても、結果を真摯に受け止め、誠意のある対応を
 しなければならない。

 今、働いている赤坂の事務所では、税理士受験を続けながら
 仕事をしている人が、けっこういる。
 やはり話すのは、発表待ちまでの間ってイヤですねーってこと。
 白黒・明暗・光と影の、対極の世界。中には、発表前でも
 次を見据えて、ガリガリ勉強できる人もいるかもしれないが、
 基本的に、人間はそういう風には出来てないと思う。
 結果が出ないと、本腰はいれにくい。
 
 まあ、こんな資格試験特有のグレーな季節も後わずか。
 振返れば、懐かしくなるはず。
 後、2週間。
 うむ。
 
 
 

posted by hide at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。