2007年07月29日

全答練2結果。

 全答練Aの結果を発表。
 Bクラス、でした。
 全答練@より、大幅ダウン。
 うーん。不本意。
 どちらかと言えば、悲しい結果。
 今回は、簿記の個別で、失敗。
 ベリーバッドだったのが、管理第1問、企業法買収防衛策、
 経営のファイナンスで、まさかの偏差値50以下。
 うむむ。
 思うように点は取れないものだ。
 てか、管理と経営は、そんな感触悪くなかっただけにショック。
 企業法は、どうも考えすぎてしまって、変な答案を書いたので、
 それなり覚悟はしていたけど。でも、第2問で、根性でA判定。
 ならして、Bって感じ。阿部ちゃん、どうなのよ、こういうの?

 うだうだ言っても、過ぎたことは仕方ない。
 クイックで反省して、残り少ない準備期間にいかしていこう。
 まあ、全答の結果もわかったし、これで遮るものもなくなり、
 後は、本試験に向かって直線に進むだけ。
 今までやってきたことを確実に自分のものにするだけ。
 さらに、知識に磨きをかけて、自信をつけるだけ。
 って、いろいろやることあるじゃん。
 まだまだ気を緩められないねえ。

 さて、先週は、本試験会場の日大法学部を下見してきた。
 東にTAC、西にクレアール、南に大原、北にLEC、
 みたいな、受験予備校の中心に位置する立地。
 当日、試験終わったら、みんなそれぞれの予備校に戻って、
 勉強していけるじゃん。とても便利じゃん。って感じ。
 なんだか、気分的にTACとかに行くのと変わらない。
 その辺は、地の利があるね。
 日大法学部の本館自体は、随分と古い建物だったなあ。
 教室は、どこになるかわからないって言うから見なかったけど、
 特にアブノーマルではなさそう。(そりゃそうか)
 というわけで、試験本番を、かなりリアルにイメージ。
 スラスラ解いている自分をイメージ。
 その他、いろんな場面をイメージ。
 
 で、本番まで、約20日。
 早い。
 もう、そんなところにいるのか。
 いよいよだね。 
 万感の思いがしないでもない。
 悔いのないよう、後少し頑張る。駆け抜ける。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
posted by hide at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

大原公開模試。

 大原全国模試、平日クラス受験の方、お疲れでしたー。
 なんだか、疲れたなあ。
 私のデキは、イマイチ。
 けっこう気合入れて臨んだんだけど、簿記で
 大失敗をやらかした。
 ありないミス。
 本当に、基本的なミス。
 それは、何かというと、連結での会計年度勘違い。
 1年ズレたまま、ずーと計算。
 バカだろう、あなた。
 っていうか、簿記のセンスないだろう、あなた。
 うーん、今までそんなミスをしたことないのになあ。
 試験直後に、自己採点したら、壊滅状態。
 ん!なぜ!・・・・ん?と思考が停止しつつ、これは
 やばいんじゃないの?と、蒼ざめながらTACへ。
 くやしいので、一体どこが間違えてんだよう、バーローと、
 解答と、下書き用紙を比べる。
 そしたら、会計年度間違いが判明。
 それだけで、フロー項目ストック項目にわたり広範囲にわたって
 数字が合わなくなる。
 まったく。3時間の試験時間のうち、65分位連結に費やしたの
 だが、すべて水の泡。
 情けない。
 まあ、理解不足で、点が取れなかったというわけでは
 ないので、そこはいいのだけど、それ以前に
 初歩的なミスを犯す自分のことが信じられなくなった。
 ハハハ。
 というわけで、大量失点。それゆえに、ランキング急降下必死。
 いやあ、ホント、本番ではなくてよかった。
 ここにリハーサルをやる意味がありますね。
 本番では、絶対そんなミスはしないでくださいね。
 しかし、問題文の1番上に、会計期間がきちんと書いてあった
 のに、なぜに1年ズレたのか?・・多分、そういうミスをして
 いるのは、全国で、僕1人だ。
 ハハハ。ウケルなあ。
 
 その他の科目では、監査・企業法・管理とかは、そんなに
 難しくはなかったと思う。
 経営学は、大原経営学チームが気合入れて作りましたーって
 感じの、難問系。無駄にわかりくかった気がする。
 
 というわけで、大原の模試が終わり、残すところ本試験まで
 30日。まだまだ課題は山積み。ここからの頑張りが、合否を
 決めるんだろうなあ。うん。集中していこう。
 

 来週の月曜日は、大原の水道橋校に行って解答解説会を
 直に聞いてこようと思う。
 ヤマ当てもやるっていうし、ちょっと楽しみ。
 ついでに、本試験会場の日大法学部の下見をしてくる予定。
 

 
 
posted by hide at 23:19| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

虹の彼方。

 本試験、直前期、皆さんいかがお過ごしですか?
 こちらは、なんともジリジリとした日々、もしくは
 悶々とした日々を過ごしております。
 
 前、アクセルだとか、LECだとかの公開模試を受けてみるぜー。
 道場破りだぜー。とか言ってような気がしますが、
 TACの直前期のカリキュラムをこなすだけで、
 ものすごく大変なので、回避しました。
 どんな問題が出題されるか興味あったんだけど、
 TACコンテンツをきっちりつぶすこともできずに、
 他校の模試なんて生意気じゃーと、潜在意識の自分が
 ささやいていたので、それに従うことにしました。
 でも、大原の全国模試は受けます。
 今週の火曜日から木曜日まで。
 ちょうど、TACの授業もないし。
 ガツーンと、大原、攻略してきます。(空元気)
 
 にしても、物議を醸し出してる、TACの簿記の論文まとめ。
 企業結合だとか、事業分離だとか、かなり重たい。
 先生にきいたら「軽くやるか、ガッツリやるかどっちかだね。」
 って、よくわからないこと言われた。
 まあ、僕としては、テキストの内容は、カッツリ位でおさえたい
 と思う。カッツリ。なんじゃそれ。
 でも、まあ、今日、眉間にしわ寄せながら、論まテキストを
 読んでたら、見えてきました。
 企業会計審議会の意図するところが。
 一瞬、なるほどー。って思ったんだよね。そしたら、
 テキストに散らばる数々の難解な仕訳の意味しているところが、
 リアルに浮き上がってきました。
 もう少し、頑張ればスッキリと理解できそう。
 そしたら、もう本試験も怖くないぜ。ホントだぜ。
 
 しかし、今日は、他に財務会計の直前答練Bを受けたのだけど、
 また新しい論点が出てました。
 分かれば、たいしたことないけど、全答練が終わったこの時期に
 まだ、新しいこと覚えさせるのか?!TACぅー。
 って感想。
 論文まとめといい、今回の答練といい、今年はボリュームが
 すごい。試験範囲がグングン広がっていく。
 なんだか、ホント、疲れる。ぐったりする。
 

 今日は、台風4号に脅えつつ、TACに行ったのだけど、
 答練が終わった夕方、外に出たら、もう去ってしまった様子。
 そして、空を見上げたら、東急セルリアンタワーの向こうに
 綺麗な虹。
 久しぶりの虹。
 なんか、ちょっとうれしくなって、ちょっと元気になった。

 明日は、阿部ちゃん企業法直前答練C。いよいよ最終回。
 頑張りましょうね。皆さん。
 後、37日。
 
 
 
 
 
 
 
posted by hide at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

TAC全答練も過ぎ去って。

 TAC全答練(平日クラス)、受験された方、お疲れ様でした。
 全体的にかなり難しかったかなあ。
 終わったというのに、なんとも後味がよくない。
 カリフォルニアの青い空のように、爽やかな気持ちではない。
 まあ、いいか。
 
 今回は、本番を想定して、時間配分に特に気を使ってみた。
 管理だったら、10時40分まで問題文をじっくり読んで、
 11時までに1問終わらせて、11時25分までに2問目ー、みたいな。
 企業法なら、20分答案構成40分執筆、みたいな。
 財務会計は、ギリギリまで簿記。あまった時間で、
 なぐり書きで財表、みたいな。 
 本試験は、きっと想定外のことが起きるだろうけど、
 自分なりの型は定まってきた。

 食事関係も、気をつかったのだ。
 普段、朝ごはんは食べないのだけど、今回は、軽く食べてみた。
 やはり食べた方が、集中力は増す感じね。
 しかし、1日目朝。
 近くのコンビニで、マカが配合されたゼリーなるものを見つけた。
 普段そんなものは、まず買わないんだけど「ここぞという
 時に!!」的なキャッチフレーズに、心を打たれて、思わず
 買って飲んでみた。
 味は、ウィダーインゼリーと、ほとんど同じ。
 そしたら、監査論はじまる直前に、なんだか動悸が激しくなって
 きて、その後かなりペースが乱れた。
 その嫌な感じは、なんとその日の夜まで続いたんだよね。
 まったくー。変わったことはするもんじゃないよ。
 2度と飲むか、マカゼリー。バカだよ、バカ。

 てな感じで、全答練終了。
 たかが、模試。されど、かなり疲れた。
 今日もまだ疲れが残っていて、勉強しながらやたら
 あくびしてた。
 で、気がつくと、本試験まで45日。
 いよいよ本番ですね、皆さん。
 本番で、最高のパフォーマンスをくりひろげるのは、
 本当に難しいことだと思いますが、僕は、そうしたい。
 てか、そうする。

 明日は、七夕。
 ロマンスの日。
 イエイ。

 
 

 
 
posted by hide at 23:43| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

6月は過ぎ去って。

 7月。
 今年も、前半終了。
 特に何もないような日々。
 受験勉強しているせいか知らないけど、
 世の中のニュースに、そんな敏感ではなくなっている。
 これでも、毎日、日経新聞は読むけど、あまりリアルに
 感じない。
 感覚が鈍るというのは、こういう感じなのだろう。
 1日も、早く社会に復帰して、付加価値をうみだす活動を
 しないとまずいなあと、漠然と考えてる。かなり寂寞だけど。
 
 さて、明後日から、TAC全答練Vol.2。
 どんな感じだろうね。
 きっと、それなりに難しくて「やべー。もっと、勉強
 しなきゃーなー。まったくー。」などと言ってそうな気がするし
 「そういう出し方するかねー?でも、没問だろう。」だとか、
 「完全に無視してた論点が出たー。くやしいなあー」だとか、
 「計算でケアレスしちゃったよー。もったいない。」位のことは
 言ってそうな気がする。
 が、どこが出題されるかっていうと、ある程度は予想つくけど、
 確実なわけではないので、そのあたりの未来はわからない。
 そりゃ、そうか。
 しかし、明後日からの3日間は、本番を想定して、頑張ろう。
 朝、起きるところから始まって、電車の時間、当日の食事とか、
 試験の後の翌日科目の対策に至るまで、本試験を想定して
 行動しようかと思っているんだあ。(オイオイ、凄いじゃん。
 どうしたのよ?)
 果たしてリハーサル効果の効果は、効果的に作用して、
 本試験に良い効果をもたらすのか?!
 効果の程は、合格発表の後に。

 それは、そうとして、他校の公開模試を受けようか、ちょい
 迷う。
 大原のフル模試は、もう申し込んだんだけど、後、個人的に
 アクセルだとか、LECだとか、クレアールの奴は、どうなのよ?
 などと思ってるんだあ。
 アクセルは(クレアールもそうだけど)、水道橋にあるので、
 本試験の会場である日大の目と鼻の先。なので、リハーサルを
 (なんだか、やたら)重視している僕としては、見逃せない!
 などと思っている。
 しかし、受けるとなると3日間使うので、この直前期においては、
 費用対効果の面で問題があるんだよなあ。
 TACの直前対策だけで、バカボリュームなわけだし。
 もう少し悩むか。

 短答式の合格発表も過ぎ、論文式を近づいてきた。
 世界人口65億人のうちの、6,300人が合格をめざすわけね。
 外界を遮断できるくらいの集中力を発揮できる人が
 やはり強いと思う。
 とにかく、集中することにする。
 
 
 
posted by hide at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。