2007年01月27日

簿記キング!

 ここのところ、財務会計論の基礎答練3回4回を続けて受けた。
 どーも、簿記の計算力が落ちてるみたい。
 一応、解答欄は、埋めるんだけど、精度がよくない。
 わかったつもりで計算をチャカチャカやって、ガンガン間違えてる。
 なんか頭が回転してなくて、スローモーションで問題を解いてる感じ。
 「もっと、スピード上がらんのか、ミスター!」と、何度も叫ぶ。
 これは、思うに計算の練習が足りてないの原因。
 昨年の10月から、今までの4ヶ月は、テキストの練習問題とか
 日商簿記1級の過去問とかしか解いてなくて、まだ、07のアクセスは
 申し込んでない。
 まあ、それは個人的な作戦といえば作戦で、まず論点をしっかり
 つぶした後、怒涛の如く計算問題を消化して、のぼりつめてみたい
 というかなり危険な目論みがある。
 なので、今の時点でスピードが遅いのだとか、ちょいミス位には、
 寛大な気持ちになれたりもするんだよ。
 とか、なんとか言って、余裕ぶっこいているのは、どこのどいつだ?
 この作戦は、これからきっちり計算問題を消化しないと完了しないのだ。
 全答練までに、ガシガシ集中力を持続しつつ問題を解くのが
 残りのミッション。具体的にいうと、アクセスを解くよ。(普通じゃん)
 とりあえず、今からアクセスを申し込んで、第1回から順に
 ズバババババとまとめ解きを開始します。
 作戦ミスは許されないけど、ミスはしてないよね。ねえ?(弱気)
 昨年の本試験をみる限り、簿記はセンターに君臨してた。
 なので、簿記キングになるのもいいかもしれない。いや、なるべきだ。
 完璧に簿記ができる僕。憧れるなあ。

 なんだかなあ。

 明日も、頑張ろうね、皆さん。
 
 
 
 
posted by hide at 22:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

ペッキングオーダーセオリー。

 経営学は、桑原先生のハイレベルを選択。
 今、企業財務論の途中。
 エージェンシー理論だとか、ペッキングオーダー理論だとかを習った。
 ペッキングオーダーのペックは、きつつきが、木をつついて餌を
 とりだしてる様で、オーダーは、まあ、注文って意味もあるけど、
 ここでは、順番だとか順序っていう意味。
 つまり、きつつきは、餌をつつくのにも順番を決めてるっていう
 意味らしく、転じて、企業が資金調達をするのにも、まず内部留保、
 次に借入れ、最後に増資って順序を決めてるもんなんだぜ、ミスター。
 ていうのが、ペッキングオーダー理論らしい。
 で、そこから話は、最適資本構成へと進んでいくが、ここでは省略。
 しかし、まあ、経営学は、いろいろな理論があって面白い。
 組織論しかり、モチベーション理論しかり、戦略論しかり、
 ファイナンス論しかり、実務で意外と役に立ちそうだよなあ。
 選択するときの裏づけとして活用できるよなあ。
 実は、経営学が、会計士の勉強の中で一番好きかもしれない。
 桑原先生の講義は、適度にいき抜きの話をしつつ、理論間のつながりを
 重視した講義展開なので、非常にわかりやすいっすよ。
 
 TACの会計士講座のパンフレットが新しくなってた。
 06の合格者の人達の写真が掲載されてた。
 みんな晴れ晴れした表情ね。去年、渋谷校でいっしょに勉強して
 人達もチラホラ写ってた。
 先を越されちゃったなあ。
 でも、後から追いかけるよ。
 で、追いついて、追い越すよ。
 うん。

 
 
 
 
posted by hide at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

暖かな冬の青空に。

 先日、TAC八重洲校で、しばし自習。
 今、東京駅の周辺はすごい開発ラッシュで、素晴らしく
 カッコいいビルディングが、どんどん建っている。
 TAC八重洲校のとなりも、ビルディングが建設中で、窓から
 工事現場が見渡せる。
 バカでかいクレーン車が、大きな鉄筋をグワーンと持ち上げて
 いるところを見ると、まったく心が躍る。
 景気は、やはり、いいのだろうね。
 そんな感じで、今、経済はめまぐるしく躍動しているが、それを
 喜んで見てる自分は、まったく付加価値を生みだしてない。
 まあ、いいか。
 いや、よくないな。
 早く、次へ行け。次へ。
 そして、社会に貢献しろ。
 
 てな感じで、時々焦燥感に駆られるわけですが、日々の勉強は
 続けてます。
 今は、応用答練・全答練に向けて準備している感じ。
 授業が、一段落したので、ほぼ自習。
 単調と言えば単調だけど、こういう時間は貴重だよなあ。
 じっくりと、きっちりと使おう。

 願書も、虎ノ門まで行ってもらってきたよ。
 ついでに、金融庁の方まで行って、昨年の11月の屈辱もしくは
 切なさもしくは喪失感を思い出してきた。
 論文式本試験まで、7ヶ月か。
 今年は、絶対パスするよ。
 などと、暖かな冬の青空に、あらためて誓ったのでした。
 うん。
 
posted by hide at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

そして目がつりあがった。

 来週から、会計士試験の願書配布ね。
 TACで配るんですか?と聞いたら、まだ詳細未定だって。
 まあ、いいか。
 実は、公認会計士・監査審査会事務局まで行って、
 直にもらおうかなとも思ってるんだよね。
 場所は、金融庁のすぐ近く。
 事務局がどんなところか興味あるし、気分転換にもなるし、
 モチベーションも上がるかな、なんて思ってるんだあ。
 まったく酔狂なことではあるけれど。
 
 さて、1月。
 阿部ちゃんによると、この時期から、真剣に勉強してる受験生は、
 目がつりあがってくるんだって。
 なんとも疑わしいけど、今まで数え切れないほどの受験生を
 見てる阿部ちゃんが言うんだから、ホントなのかね。
 どっちにしたって真面目に試験に取り組まないと合格はありえない。
 目がつりあがる程、気迫を込めてやれってことなのだろう。
 
 で、僕の毎日。
 経営学を残して、ハイレベル講義はほぼ終了。
 12月は、やたら忙しかったけど、1月は自習時間が多くとれてる。
 なるべく全科目を1日で回すようにしているけど、時々これで
 いいのだろうか?と不安になることもある。 
 06は、結局、試験は不合格だったわけだけど、やはりその原因の
 ひとつは、勉強の姿勢・やり方にも、問題があったんじゃないかとも
 思う。
 決して不真面目にやってた訳じゃないけど、ダメだった以上
 どこかがダメなんだろう。
 なので、一日の勉強が終わって、これでホント大丈夫なのかね?などと
 ネガティブな想いが、突如として湧いてきたりするんだよね。
 だからと言って、もう少し勉強していくかーというわけでもないん
 だけど。
 要は、自信が持てればそれでいいんだと思う。努力と本質的理解に
 基づいた自信。それがあれば、怖くないんだろうなあ。
 まだ、その域には行ってないなあ。遠い。 

 というわけで、目がつり上がる位、勉強しよう。
 
 

 
posted by hide at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

監査論答練。

 先日、監査論の基礎答練の第4回目を受けた。
 これまでの、監査論の基礎答練平均点は異常に高く、90点を取っても
 D判定(TAC基準)だったりする。まあ、ハイレベル講座内での
 偏差値だから、そのようになったりするんだろうけど、イマイチ
 しっくりこないなあ。その偏差値でTAC内の順位付けがされている
 みたいだし。
 で、今回4回目。基礎答練は、これで最後。
 出題内容は、割愛しますが、僕にとっては、ボリュームが多かった。
 15分位、答案構成して、残り1時間45分書き続けた。
 しかも、最後の方は焦っていたりして、まともな文章じゃなかった気
 がする。
 財表の河村先生の言う「論理の階段を踏み外してる文章」をガシガシ
 書いてしまった。
 06の本試験でも、監査論は時間足りなくて、すべて埋められなかったん
 だよね。
 原因の1つは、定義を思い出すのに、時間がかかっていたことがある。
 本試験の場では、緊張を差し引いても、スッとクリアに定義が頭に
 浮かぶレベルでないとダメなような気がした。って、それって
 すごく基礎的なことじゃないか。(だから、ダメなんだよ。)
 そんな感じで、今回も論述の中に入れる、定義の部分であーでもない
 こーでもないと考えてしまって時間をロスしてた。
 まったく進歩してない。
 もう1度、定義をきちんと覚えなおそう。
 
 さて、今年も1週間が過ぎました。
 早いなあ。
 こんな感じで、本試験はすぐ来てしまうんだろうなあ。
 聴こえるよ、早稲田の蝉の声。
 期待と不安を胸に抱き、また熱い3日間がくりひろげられるのね。
 一歩一歩前へ。
 
 

 
 
 
 
posted by hide at 00:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

07年頭。猪かあ。

 遅くなりましたが、
 明けましておめでとうございます。

 勝負の年が幕をあけました。
 今年は、なんとしても勝たねばなりません。
 今、1月。
 やがて8月。
 あっという間。
 勝負の時は、すぐそこ。
 正直、1秒たりとも無駄にできない覚悟。
 休んでいる時も、笑っている時も、寝ている時も、
 すべては、会計士試験につながっている。
 いいじゃない、たまには、そんな事があっても。
 バリベリに、緊張して今年は過ごそうと思ってます。

 正月三が日は、計算問題をぼちぼちやったり、
 理論問題集をぼちぼち眺めたりしつつ、おいしいお酒、
 おいしい料理などをいただき、とても楽しい時間を過ごして
 しまいました。
 けど、気が付けば、明日は5日。
 TACも通常営業開始。
 ウカウカしている人はバカだ。
 てな感じで、真面目に勉強します。
 とりあえず、明後日、監査論の基礎答練第4回があるので、
 それに向けて対策しよう。

 とにもかくにも、07スタート。
 胸が高鳴るね。
 皆さん、頑張りましょうね。
 負けないよ。
 
posted by hide at 21:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。