2006年09月27日

法人説明会パートV

 今回は、監査法人トーマツの法人説明会に参加。

 秋雨がしとしとしとしとと、鬱陶しく降る中、有楽町は
 東京国際フォーラムにて、トーマツの法人説明会は行われた。
 東京国際フォーラムといえば、かつてボブ・ディランのライブを
 観た場所。最前列で「Like a rolling stone」を聴いたんだ。
 とってもベリバリにうれしかったぜー!としばし回顧。
 今回は、そんな興奮とは程遠く、どちらかと言えば、伏し目がちに
 東京国際フォーラムに参上。そりゃ、合否がわからない中での、
 就職活動だから、伏し目がちにもなるよ。って、暗いよ。
 えー、法人説明会の内容は、大型スクリーンで、トーマツ代表の
 メッセージ、パワーポイント・インタビューなどでの法人説明、
 採用説明、フリートーク。
 トーマツ代表の方のメッセージは、簡潔でわかりやすかったなあ。
 「会計士は、これから更に国際舞台で活躍しなければならないんですよ。
 つきましては、国際基準を意識しないとダメですよ。もっと言うと、
 日本の会計士にもメジャーリーガーが必要なんですよ。皆さんに
 期待してます。」みたいなことを仰ってた。
 実際、他法人よりも、海外派遣制度が充実している感じだ。
 後、よく言われる「トーマツは体育会系であり、上下関係は厳しいし、
 飲みが激しいし、ちょっとやめた方がいいんじゃない?!」という噂に
 ついて。
 これについては、フリートークで、皆質問していた。
 答えてくれて先輩方々は、皆「そんなことはない。トップにも直接
 質問できるのが我が組織だ。僕もトーマツ入所前は、そんなイメージが
 あったけど、入所後はまったくそんなことなかった。あえて体育会系と
 いうなら、監査に対する厳しさが他の法人より強いところかな」という
 ようなことを仰ってた。
 というわけで、あまり根拠のない噂なんじゃないかなあ。まあ、仕事は
 厳しいのが当たり前だしね。
 そんな感じで、所定の時間の2時間はあっという間に過ぎ、さらりと終了。

 これで、大手4社(あらたは行きませんでした)は廻った。
 大なり小なり違いはあれ、進む方向は同じ。
 僕も人並みに、どこが一番自分に合うのか迷む。
 けど、諸先輩方が言うには、やはり「直感」が大事とのこと。
 結局、そこかー!という感じだけど、僕も最終的には、直感を大切に
 しようと思うけど、その前にまだまだ悩むよなあ。
  
 法人説明会が終わって、外に出ると雨は上がって空に晴れ間。
 雨上がりの銀座4丁目。
 こざっぱりして、どこかに行きたかったけど、特に行くところもなく
 ひとりだったので、「帰〜ろッ」とつぶやき、東京メトロ銀座駅を
 めざしたのでした。

 
 〜ライブ告知〜
 会計士受験とは、全く関係ないのですが、論文式試験も
 終わったことだし、ちょっと位、脱線してもいいだろうってことで、
 私、ライブします。
 イメージは、初期ボブ・ディラン。要は、アコースティックギターで
 自分の唄を歌います。
 9月30日(土)19:30〜 高円寺にあるライブハウス
 まあ、万が一興味ある方がいらっしゃいましたら、メールでも
 ください。チケット代は、ドリンク代のみにします!!
 

 
 
posted by hide at 23:28| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

法人説明会パートU

 今回は、東京共同会計事務所とあずさ監査法人の法人説明会に参加。
 
 東京共同会計事務所は、皇居を見渡す丸の内にオフィスを
 かまえる、やたらと専門性の高い事務所。
 パートナーの内山さんという方は、いわゆるスタープレイヤーであり、
 やり手の経営者。
 会計士協会の就職説明会で言ってたけど、売上高が26億円。
 個人事務所で、その規模はすごい。天高い。
 事務所説明会の出席人数は、30名程度。
 前半は、内山さん直々に事務所の説明。
 業務内容から、仕事の進め方、募集要項等まで。
 その合間あいまで、事務所の強み弱みなどを散りばめたりして
 なーるほどねーという感じ。(内容については割愛)
 その後、質問タイム。さらに、集団面接(一次)。
 聞かれた内容は、会計士を志した理由、当社を選んだ理由、さらに
 自己のスキルが当社にどう貢献できるか?など。約20分位。合否は、
 1週間後に連絡だって。
 まあ、中小規模の事務所なので、大手と違い、いろいろ経験できるのが
 強み。これは、本当のことだけど、成長のスピードが全然違う。
 独立志向の強い人は、中小規模の事務所を選択するのがいいよね。

 次に、夜から、あずさ監査法人。
 飯田橋は、神楽坂近く。
 宵の口だったので、飲み屋街に灯りがともり、なんともいい感じ。
 ふらふらと、飲み屋に入りたくなる 衝動を抑え、あずさセンタービル。
 出席者は、夜にもかかわらず、たくさんいたなあ。100名以上かな。
 法人の概要説明は、パワーポイント、とある会計士のとある一日 
 のドキュメンタリーフィルム。パネルディスカッションなど、
 とても趣向を凝らしていて、見ていて力が入っちゃったよ。
 続いて、懇談会。先輩方に、直接質問すること、小1時間。
 あずさの売りは、自由闊達、風通しのよい組織風土とのこと。
 実際、クライアントや、チーム内のコミュニケーションをとても大切
 にしている感じが、話の端々で感じました。
 僕は、大手中心に法人説明会に出てるけど、僕が感じてる大手の魅力
 ってのは、1つは、大組織ゆえ、やっている仕事が大きくて、サービス
 ラインが豊富なところ。1つは、ブランド力なのかなあ。
 終わったのが、8時半過ぎ。
 近くの「CANAL CAFE」では、恋人達が、くつろいだ雰囲気で食事を
 楽しんでました。
 「俺だって、昔は、ここで、よくデートしたもんだ」とつぶやき、
 ちょっと夜空を見上げてから、「今の状況って、とても不安定」と
 ふっと感じて、足早に東京メトロ飯田橋駅をめざしたのでした。

 さーて、今日は、秋分の日。
 ちょっと、冷たい風が吹いてるけど、爽やかな秋の日。
 気分は、ちょっと上向き。
 うん。
 
 
 
  
 
 
posted by hide at 11:21| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

ダイエット。

 晴れ。
 久しぶり。
 やけに青い、秋の空。

 最近は、ちょっと懐かしい「新・会社法100問」だとか、
 「会計法規集」を、チラチラ見ているけど、やはり
 どうも面白くない。
 まだ、気持ちが試験に向いてないんだよなあ。
 結局、9月はグダグダダラダラと過ごしそうだね。
 10月からは、タイトにチャッチャッと、もしくはシュッシュッと
 生活します。ハイ。

 受験生活を初めて、2年と3ヶ月位経った。
 11月に無事試験をパスすることが出来れば、晴れて表舞台。
 しかし、落ちれば、もう少し受験生活。
 唐突だけど、最近、気になってきたのが、自身の体重。
 受験生活は、確実に体重が増える。
 もちろん自己管理がうまく出来る人は問題ないけど、
 僕は、勉強中、お腹がすくと集中できなくなるので、なるべく
 集中できるように、前もってしっかり食べとく派。さらに、
 時々、チョコなんかつまむ派。で、特に体力トレーニングはしない派。
 なので、気が付いたら、顔、胸、胴などにいわゆるぜい肉がついて
 体重が2年前と比べると、ちょっと増えていた。ちょっとだけだよ、うん。
 また、メタボリック症候群なんていうのも軽視できねーな、実際。ってな
 年齢にさしかかっているので、今そこにある問題として、体重軽減、
 つまりダイエットが緊急の課題となっているんだよね。
 実際、生活していても、心と体がかけ離れていて、どうも体が借り物の
 ような気がして仕方ない。
 まったく情けない。悲しい。
 いらないよ、贅肉。

 
 
 
posted by hide at 08:18| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

法人説明会。

 秋の長雨。
 毎日、しとしと降り続く。
 曇り空の日々。
 
 さて、監査法人説明会。
 新日本監査法人と、みすず監査法人に参加。
 
 まず、新日本。
 まあ、現時点で業界トップ。それが、クライアントからの信頼の証。
 ってな感じで、リラックス系のBGMにのって、余裕綽々系の説明会。
 理事長メッセージ、法人概要、先輩の経験談、フリーディスカッション
 (要は質問タイム)、オフィスツアーなど。
 キーワードは「夢」。個人の「夢」を実現する場所が新日本で、その
 「夢」は、法人の監査から公会計までの幅広いサービスラインで実現
 できる。どうぞ、新日本で個人の「夢」をかなえてください。という
 ようなことを言っていた。
 「夢」と言えば、そう言えなくもないよなあと漠然と思ったが、確かに
 業務内容は多岐にわたっていて、自分のやりたいことも、そこにあると
 感じさせてくれた。
 ディスカッションでは、金融監査部のパートナーの方が話しかけて
 くれて、金融業務のイロハのイを教えてくれた。
 この方、さわやかな笑顔で、声が大きく、背も高く、身なりもきちんと
 していて、さらに説明が単純明快かつ怜悧。要は、会計人として、
 素敵なオーラを放出していた。これも何かの縁。ということで、金融
 関係についても、興味がわいてきた。

 で、みすず監査法人。
 新日本監査法人のある日比谷ビルヂングから、みすず監査法人のある
 霞ヶ関ビルまで、歩いて15分位。 
 霞ヶ関ビルは、わが国最初の超高層建築であり、高さは147mあります。
 って、まったく関係ないけど、個人的にいつか行ってみたいと思って
 いた場所。それが、実現。よかった、よかった。すごい、すごい。
 説明会は、法人の概要説明と、オフィスツアー、フリーディスカッション
 など。
 やはり、カネボウ事件に対しては気を使っていたが、事件をきっかけに
 して、組織改革もしくはパートナー改革が進み、国際水準以上の監査が
 行えるようになった点を強調していた。
 フリーディスカッションでは、パートナーの方々が積極的に我々の席に
 来て、いろいろな質問に答えてくれた。やはり、パートナークラスは、
 語り口は穏やかだけど、眼光が鋭いというか、懐に刀をもっていると
 いうか、存在感が違う印象。こういう機会でもないと、初歩的な質問は
 出来ないんだろうなあ。
 しかし、みすず監査法人。改革に向けて、まさに激動期にあって、
 とてもいい緊張感と力強さを感じました。

 でもって、一日中説明会で疲れたけど、その後、僕は渋谷に向かい、
 TAC渋谷校で、上級コースのガイダンスを受けた。
 法人のどちらかといえば華やかな世界から、いつも見慣れてた
 ちょい暗の201号教室。落差に、多少クラクラしつつも、讃岐先生の
 いかに上級コースがすごいか、もしくはどうやって勉強したらいいか
 についての説明をじっくり聴いた。
 その中で、今年は、会計士業界は人手不足で、人手がとにかくほしい。
 なので、科目合格者も就職はできるだろうけど、それはちょっと待って
 ほしい。お給料もらう以上、法人に時間がとられる。さらに、全科目
 合格者との間では当然、仕事内容・給与で格差がある。また、短答免除
 期間の2年で合格する保証はない。
 なので、しっかり受験生を続け、全科目合格してから監査法人にいく
 べきだ。(社会人受験生は除く)
 というようなことを言っていた。
 実際、法人説明会では、今年は科目合格者も積極的に採用する。それが
 皆さんのキャリアにもなる。試験勉強についてもバックアップする。と
 いうような説明をしていたけど、やはり物事には裏があるもので、
 ちょっと考えさせられたなあ。
 
 そんな感じ。
 まあ、いろんな刺激のある、秋の一日。

 とにもかくにも、前へ進め。
 大学時代のゼミ仲間に、赤ちゃんができたとのこと。
 未来は、明るいね。
 
 
 
 
 
 

 
posted by hide at 09:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

秋空、やけに青くて。

 9月に入って、すでに10日。
 早いなホント。

 会計士受験生として、生産的なことはあまりしてないけど、
 資料整理は終了。
 まず、テキスト類をきれいに本棚に収納して、答練・アクセス等を
 すべて時系列で並べなおし、不要なパンフレット、専門学校からの
 お知らせ等すべて廃棄。ついでに、本棚の文庫、ハードカバー等で
 受験に必要ないものは、ダンボールにつめてみた。
 そしたら、だいぶスッキリ。いやあ、いつもこうだと気持ちいいね。
 頭も混乱しないね。ってな環境が整った。
 11月に試験をパスしていれば、さらにテキスト類、答練・アクセス類
 も不要になるので、すべて廃棄する予定。
 そしたら、気持ちいいだろうなあ。

 そんな環境の中、縁あって、TACの「なるほど!管理会計論」全6回
 というオプション講座を受講している。
 この講座。パンフレットには、そのオリジナル教材と、熱意あふれる
 講義で、短時間にメキメキとチカラが伸ばします。そして、メキメキと
 チカラが伸びた自分に必ず驚きます。とか書いてある。
 ホントにそうなら、世の中エブリシングハッピーなのだが、現実は、
 普段のアクセスとあまり変わらない感じ。
 80分の問題を解いて、2時間程度の解説を聞く。というパターン。
 まだ、すべて受講し終わってないので、メキメキとチカラが伸びたか
 どうかはわからないが(っつーか、そんなことはないだろうが)、
 基本的なところの確認には役立ちます。
 管理会計論。この科目には、ホントてこずってるなあ。もともと、
 センスが欠如しているんだろうなあ。まあ、ここまで、くると逆に
 愛着がわく科目。まったく。

 来週は、法人説明会。まず、新日本とみすず。楽しみだね。

 

 
posted by hide at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

ベリバリへ。

 去年の今頃は、TAC渋谷校がオープンして、
 ベリバリな気分で、夏上級コースに出席していたが、
 今年はというと、何ら束縛がなく、グダグダな気分で、
 日々を過ごしている。
 来週は、監査法人の説明会があるけど、それまで、
 スケジュール帳は、真っ白。
 それはなぜかというと、1つは、論文式本試験の結果が
 わからないために、明確に次の行動を決められないこと。
 あるいは、試験が終わって気が抜けてしまって、何もしたくねーなーと
 厭世的な気分に支配されていること。
 で、スケジュールがないわけなのであります。
 なんだよ、それ。
 甘いなあ。
 情けないなあ。
 悲しいなあ。
 実際、試験の感触がベリバリなものでなかったので、勉強を始めるべき
 なんだけど、テキスト見ると吐き気、後悔、苦悩、憐憫等の負の想念が
 湧き上がってきて、これまたよろしくない。
 かといって、旅、酒、音楽、映画、行楽等で、積極的に気分転換もしく
 は充電っていうのも、なぜだかめんどくさくてする気がしない。
 もう、いいよ、好きにすれば?の状態。
 まあ、過去の経験からは、例えば何気なく空を見上げた瞬間とか、
 南から吹いてくる風に包まれた瞬間とかに、自分スウィッチ(んだよー、
 それ?)が、カチンとONになって、元気やる気負けん気根気などが、
 あふれ出すはず。
 ウダウダウダと、御託を並べてますが、まあ、とりあえずは、来年の
 受験も視野に入れて動きます。合格返金制度もあるので、上級コース、
 申し込むか。んで、過年度アクセスで、計算を復習しよう。んで、
 法人の面接に向けて、履歴書、キャリアの見直し、志望動機等を
 まとめよう。
 そんな感じかねえ。 
 
 
 
posted by hide at 08:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

グダグダの秋。

 9月。
 秋。
 急に、空がさわやかになっちゃって・・・。

 本試験が終わった瞬間(経営が終わった時)は、なんつーか
 とっても喪失感があったなあ。
 まあ、泣いたり笑ったりの受験生活が終わった瞬間。
 まだ、そのまま、そこにいたくて、しばらくは席を立ちたくなかった。
 もちろん、落ちれば、また受験生活をするだろうけど、
 あの瞬間は、少し、こみあげてくるものがあった。
 いろいろ頑張ったよな、俺。みたいなセルフ・サティスファクション。
 
 しかし、頑張っても、成績が悪いと落ちます。
 解答速報見る度に、「うわちゃー」的なミスばかり発見しているので、
 かなり成績悪いだろうなあ。はあ。
 
 さて、さて、発表は、11月20日月曜日午前9時。
 なんとなく、今年は、合格者多そうね。
 政策的に、会計士が必要だもんね。
 こういう時に、受からないと、非常にもったいない。
 パスしててください。ホント。

 試験が終わって、1週間過ぎたけど、まだ、どちらかと言えば、
 グダグダの生活。
 どうしても、グダグダになっちゃうんだよなあ。

 そういうの、とっても、よくありません。
 とりあえず、まだ終わってない資料整理して、すっきりしよう。
 
 
posted by hide at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。