2006年06月28日

6月の空に

 こんにちはー。
 久しぶりの「Hello,CPA!!」。
 気がつけば、6月も終わり。
 早いよ、時の流れ。

 先日「タイフーン24」のライブを新宿ロフトで見た。
 タイフーン24のギターのSENSHO1500とドラムのdaigoは、僕の友達。
 とっても凄いロックを聴かせてくれる。
 「今、新宿ロフトまで来たから、次は武道館をめざす」だって。
 どんどん進んでね。ずーと、ついていくから。
 
 先日、友達AGと浅草で飲み。この日は、宝塚記念かなんかの日で、
 馬券場の周辺は、お祭り騒ぎ。みんな昼間から飲んでる。
 そんな中、北野武なじみの店「捕鯨船」に行く。
 ここは、鯨料理専門なんだけど、煮込みがホントおいしい。
 さらに、ここのママさんは、ホントやさしい。
 楽しいひと時。

 先日、ふと思うことがあって、LECの管理会計論の論文まとめ講義
 出てみた。
 少し、TACの理論に不満があるんだよね。「手を広げるな」という
 鉄則を破りつつ、2コマの授業に臨む。
 担当するは、池邉先生。この方、僕の先輩のザノチャンにごく似。
 なぜか苦しそうに眉間にしわをよせて話すので、気分的にこっちも
 苦しくなる。
 内容は、TACとうって変わり、やたら深い。理論的に重要なのは、
 「予算管理・責任会計」「分権組織の管理会計」「EVA」「BSC」の
 辺りらしい。

 なんだか、TACの全国模試まで後わずかね。
 それまでに、直前答練がたくさんあるので、
 まとまった時間があまりない。
 時間がないのは、みんないっしょか。
 がんばろうね。
 
 
 
posted by hide at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

ミーンミーンミーーーン

 夏。
 梅雨は、明けてないけど夏。
 窓を開けて、かき氷。
 日差しが強くて、真っ白になった街並み。
 今日の夜は、花火大会に行くよっていう日の午後。
 蝉よ、早くなけ。
 
 少し、勉強のペースが落ちてるんだよね。
 やりたいと思ってることの、1/2程度。
 気持ちと、体がかけ離れてるというか。
 気持ちだけが、先に行っちゃてるというか。
 僕は、簡単な進度表を作って勉強している。
 まあ、なんの工夫もない細かいマス目を書いて、
 縦の欄に学ぶべき項目を入れて、横の欄は回数。
 で、だいたい各項目が終了した時点で、○なり☆なりを
 入れていく。
 その簡単な進度表が、まだ全然うまってないんだよね。
 波にのってないというか、失速しているというか。
 スランプだろうか。
 いや、そこまで繊細には出来てない。
 やはり、短答後の一時的な気の緩みじゃないかと思う。
 この時期をどう過ごすかで合否が決まるというし、
 みんな、すでに、どんどん先を走ってるわけだし、
 僕もおいていかれないように、走らないとね。

 今日は、管理会計論の直前答練第2回。
 管理の理論も、まとめないとなあ。
 なんだか、蝉の声を聴きたい。
 変なの。
 
 
posted by hide at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

セミナーに行ったよ

 風邪ひいた。
 短答式本試験が終わって、緊張から開放されたのが原因だ。
 なぜか、ビッグイベントの後は、だいたい風邪をひき、
 寝込むというのが僕のパターン。
 ダウンしたのは、一日だったけど、その後ずーと調子よくない。
 皆さんも、風邪、その他には注意しましょう。

 さて、今週の水曜日に行われた、TAC学院長 斎藤博明講演会の
 報告。
 TACの新宿校の804号教室で、開催。200人位収容できるかな。
 それが、満席。なんだか、熱気といえば熱気と言えなくもない
 テンションに包まれてた。
 そして、斎藤学院長が登場した。TACを創った男。
 話を聴くのは、初めてだったけど、語り口は、とっても静か。
 すごい男ってのは意外と、静かに語るもんだよね、そんな雰囲気。
 話の内容は、受験できる幸せ、不合格の時の思考、心を強くする、
 人生の目標、落ちてしまったら仕方ない、運をつよくする
 大学生時代、デカンの誓い、独学、上京、試練、ベンチャーてな
 感じで、盛りだくさん。

 ・インド人は、自分で職業が決められない日本にいる君達は
 自由に職業が決められる。
 ・受験の締め切り(デッドラインというらしい)を決めておく。
 ・会計士試験とは心中しない。結果がでないときは「縁」が
 ないこともある。他の道は無限にある。
 ・人生は、楽しいことばかりでなく「思わぬこと」が起こる。
 これは、必ず、起こる。その時が大事。
 ・運を強くする。想うことで、本当に運つよくなり、道が拓ける。
 ・執念ある者が勝つ。
 ・受験もつらいと思ってたが、ベンチャーの経営者の方がもっと
 つらかった。いつでも上には上がある。

 どれもこれも、経験に裏付けられているから、嘘くささは感じない。
 基本的に自分に甘い僕にとっては、斎藤学院長の人生は、あえて
 苦難を選択しているようなところがあって、とても真似できない。
 けど、まだまだ、がんばれるじゃん。とは、思った。
 セミナー終了後は、質問タイム。たくさんの受講生が並んでたね。

 そんなわけで、意外と有意義だった。
 試験に向かう姿勢が、ちょっと変わった。
 いい方向を向いてる。と思う。
 本試験まで、ほんと、後わずか。
 走り抜けよう。
 
 
 
posted by hide at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

梅雨空の向こうに

 chinoさんの「CAPPU-chino」とリンクしました。
 言わずと知れた人気サイト。
 chinoさんの視線は、真っ直ぐで、ぶれないね。
 受験生想いなところは、さすがです。
 是非、行ってみてください。
 管理会計論1問1答が、すごい。

 気がつけば、6月も中旬。梅雨。
 紫陽花に心奪われつつも、論文式のことで頭もしくは心がいっぱい。
 来月の11日から、TACの全国模試があるわけで、その時点で
 ある程度、勉強が終わってなければならない。
 現時点で言うと、30%位の進捗度か。
 ていうことは、今フル回転しないと話にならないわけね。
 まったく、せわしい。
 今日は、TAC新宿校で、斉藤学院長のセミナーがある。
 テーマは「会計士試験受験生にとっての人生選択を考える」。
 人生選択かあ。
 人生。人の一生。それと会計士受験をからめてみる。
 考えてみると、なかなか重いテーマだね。
 斉藤学院長が、今の会計士業界クライシスに何を語るのか?
 せっかくだし、少し興味あるので、ちょっと行ってこよう。
 (TAC新宿校 6/14 14:00〜15:30 予約不要)
 
 梅雨空の向こうに、本格的な夏。 
 けど、今年の夏も、勉強。
 それも、また熱い。
 
 
 
 

 

 
posted by hide at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

リンクリンク

 えー、ガルシアさんの「公認会計士温泉2006」と
 リンクいたしました。
 ガルシアさんのブログは、センスがいいんですよ。
 とても色使いがよくて、目のつけどころが素晴らしいんですよ。
 つまり、洒落ているんですねえ。
 是非、行ってみてください。

 短答本試験が終わって、一週間。
 リアルにプレッシャーと戦ったせいか、今週はホント静かな心持。
 しかし、のんびりもしていられないのが現実。
 論文式本試験に向けて、ジョジョにスピードを上げていかないと
 いけない。
 それには、まず戦略が必要ということで、適当ではあるけど考えて
 みた。
 目標は単純、「合格」。
 まず、己を知ること。TACのWebで、今までの論文式答練の全部の
 成績をプリントアウトした。やはり不得意は、管理会計論。
 それと、意外と企業法も悪い。なので、それらが重点科目。
 それ以外の科目も、決してよいわけでないので、結局すべての科目で
 底上げが必要という結論。(たいした結論じゃないなあ)
 次に、成功へのシナリオ。
 合格に向けてプログラムを組むわけだけど、これが戦略にフィット
 しないと取り返しがつかない。
 限られた時間軸の中で確実な成果を出すためにどうすればいいのか?
 けっこう考えたけど、行き着いたところは、結局「基本重視」。
 テキストレベルのことをきちんと理解して、表現できるようにすること。
 (当たり前といえば、当たり前)
 それだったら、残された時間で出来る気がする。
 とりあえず、全答練2回目までには、仕上げよう。

 成功へのシナリオなどと慣れない言葉を使ったのは、昨日とある
 戦略論の本を読んだ影響。
 シナリオを文書化したかったけど、途中でめんどうになった。
 結局、各科目のやること箇条書きにした程度。
 「それで勝てるのか?」
 その戦略論の本で繰り返してた言葉。
 箇条書きの戦略。「それで勝てる?」
 「うーん、ちょっと不安」
 「じゃ、どうする?」
 「うーん、でも、めんどうくさいからこのままでいいや」
 ・・・デッドエンドの戦略?
 いや、正攻法。
 
 雨が上がって、きれいな青空。
 今日は、南先生の監査論の直前答練1回目。
 光の差し込まない教室だけど、頑張ろう。
 
 
 
 
 

 
 
 
posted by hide at 07:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

追憶の短答式本試験 2nd

 TACでは、昨日(月曜日6/5)から、論文式の直前対策が
 始まった。
 まずは、阿部先生の企業法直前答練第1回。
 短答翌日ということで行きたくなかったけど、でも「行って
 みようかなー」と思う物好きな自分も、そこにいたので
 とりあえず行ってきました。
 しばらく論文の問題解いてなかったけど、答練とか受けると
 感覚がキューンと戻ってくる感じがして、ちょっとよかった。
 しかし、真剣さは正直50%ぐらいで、すっごくサラサラと内容の
 薄い論述を展開してきました。そういった意味で、点数楽しみ。

 さて、短答式本試験2日目。
 すでに、はるか昔のことに感じるなあ。
 私は、財務会計論が免除なので、管理会計論のみ。
 当日前夜、第1日目と変わって、驚くほどよく眠れたんだよね。
 疲れてたんだと思うけど、睡眠不足の第1日目と比べると
 第2日目は、睡眠のおかげでコンディションがすごくよかった。
 朝、9時くらいには早稲田。
 先週もお参りした、穴八幡宮様に再びお参り。
 で、早稲田大学へ。まだ、TACとか大原のティッシュ配りが
 始まらないうちに着いたので、非常に静か。
 おまけに大学構内も非常に静か。
 教室には、まだ入れなかったので、6号館にある学生談話室にて
 直前の対策。
 なんだか鳥のさえずりが聴こえて、雰囲気はすごくしっとり。
 しかし、じわりじわりと本番のスタート時間が迫るほどに緊張感は
 どんどんたかまっていった。
 管理会計は去年の本試験でも、ガツーンと打ちのめされた苦手科目。
 今年も、答練ではなかなかいい点がとれず苦戦していた科目。
 まあ当日は、冷静にやるしかないと言い聞かせていたが、やなイメージ
 は、最後まであったなあ。
 で、いよいよ本番。
 きたよ、ついにこの時が。
 「始めてくださいッ。」
 けっこう無心で問題にとりくんだと思う。
 理論問題が多かったね。
 計算問題、意外とシンプルだったね。
 けど、聞かれ方が難しいね。
 なので、ちょっとパニックになったね。 
 てな感じで、90分。あっという間。
 直後の感想は、「もっと冷静になればよかったかも」だが、
 終わりは終わり。
 5秒位、感慨にふけり帰路へ。
 帰りも、メトロへの道はすいていた。なので、各受験予備校の
 パンフをしっかりいただき、また、再び、なぜか穴八幡宮様に
 お参りに行き、東京メトロで家路。
 で、4時過ぎ。
 TAC、ネットで解答速報発表。
 緊張したなあ。
 この結果次第で、1分後の道が変わってくる。
 ずばーと、呼吸が止まりながら、自己採点。
 結果、16/20点。
 僕にしては、すごい出来。
 安心、安心。ちょい、うれしい。
 まだ、結果出たわけではないけど、企業、監査、管理の
 トータルで、85%の得点率。
 なんとかなるんじゃないの。
 まあ、私の場合、財務会計論が免除。一部に「ずるい」との声も
 あるけど、それはそれ。リスクが分散できない分、つらい面もあるし。
 でも、今回は財務会計論、重たかったみたいなので、救われたところも
 あるかも。

 そんなわけで、もう少し「Hello,CPA」は続きます。
 まだまだ夢はつながります。テーマは「シリーズ オブ ドリームス」。
 支えていただいた皆さんに、本当感謝です。
 
 さーて、今日は経営学の論文まとめ講義。
 けっこう楽しみ。
 
 
posted by hide at 08:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

いよいよ明日。

 さーて、明日は短答本試験2日目。
 ようやくたどり着いた感じ。
 週をまたぐテストというのは、長いよ、実際。
 チャンスが増える感じもするけど、精神的にアップしたりダウンしたりの
 連続。
 第一日目の時は「無心」で試験に臨むと言ってが、
 やってみると、「無心」の境地とは程遠く、会社法や、監査のこと以外に
 まわりの受験生や試験官を観察してみたり、お茶をグビグビ飲んでみたり
 なかなか試験の世界に没頭することはできなかった。
 まあ、ああいう時は、脳も活性化していてデュアルタスクをしたくて
 仕方ないのかもしれない。デュアルじゃないって、それ。ん、少し
 デュアルか。どうでもいいよ。
 でも、明日のテーマも「無心」。もっともっと集中していくよ。

 明日の東京の天気は、晴れのち曇り。降水確率20%。
 気温はよくわからない。
 いよいよ短答式の最終日。
 これにパスすれば、論文式本試験。
 がんばろーね。皆さん。

 
 

 
posted by hide at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。