2005年09月30日

9月の反省と10月の抱負

 9月も終わりね。
 早すぎる時の流れはいかがなものか。
 体感速度は、これからぐんぐんスピードを上げていくのか。
 「楽しみしていることがあると、待ち遠しくて時間の流れが遅くなる。」
 と聞いたことがある。まあ、一理あるか。
 阪神ファンは、昨日の優勝を待ち望み、優勝までの時間は実に長かったに違いない。
 なので、楽しみなこと増やそうかと、ちょっと思う(何、計画しよう)。
 というか、会計士試験が身もだえするほど、楽しみなものになればいいのか(微妙)。
 
 さて、短答試験まで8ヶ月。
 気合いれていこう。
 スマートに計画をこなして、きっちり答練で成果を出して、本番に備えてイメージを
 膨らませていこう。
 9月は、渋谷に活動の舞台を移したが、たいした混乱もなく勉強できた感がある。
 これからまた授業増えてくるんだろうけど、今の時期は意外とすいていて、
 教室がガラガラ。なので、東京タワーが見えるお気に入りの場所はいつもあいてるので
 いい(いつも同じとこ座らないが)。
 勉強の内容の方。まず理論についてはまだ途中って感じ。暗記&本質的理解&つながりを
 重視して確実に自分のものにしていかないとまずい。
 計算は、アクセス、問題集とこなすものが沢山あって消化不良気味。いち早く解いてし
 まおう。

 10月も基本的に基礎固め、インフラ整備に時間を費やしたいと思います。
 以上、アバウトな9月の反省と、アバウトな10月の抱負でした。

 この時期の晴れた空は、気持ちいいね。でも、秋はやっぱりセンチメンタル。
 冬が近づいてくるからだね、きっと。 なんの話? 
posted by hide at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

会計士受験生の一日

6:00 起床 アクセス管理会計論解く
7:30 新聞とかネットとか軽くチェックして出かける準備 
8:00 駅 座るために並ぶ
8:20 無事席確保して経営学のテキストを読み始める しばしウトウト
9:10 TAC渋谷校 とりあえずコーヒー
10:00 講義一コマ
13:00 講義終了 軽く講義の復習
13:30 東急東横店3階の伊東屋で文房具を物色
13:50 結局、青のラインマーカー一本105円だけ購入
14:00 コンビニでスパゲティとおにぎりを買いTACの休憩室で食べる
14:15 自習開始 管理会計論の問題集@ 本試験問題にはまる
     難しい問題と易しい問題を解いたが予想以上に管理会計論に時間を費やす
17:30 講師に質問 的外れな質問かもしれないが それでもいろいろ気づく
18:00 簿記の連結の1時間問題を解き始める
19:00 休憩室の自販機でカスタードパン 賞味期限が05.11.1だって すごい
     その後簿記の問題の復習をゆっくりやる
20:00 経営学のテキスト 基本的なところから復習 カリカリ書いて覚える
21:00 目がパチパチしたので帰ることにする
21:15 満員電車 会計法規集拾い読み 頭はかなり疲れてる
22:00 帰宅 お風呂食事ニュース
23:30 webでアクセスの解説をみる
24:10 web自由時間 気になるページをチェック
24:30 寝る



こんな感じ?たんたんとしてるなあ。
一日長いようだが、勉強してもほんの少ししか前に
進めないところが、会計士受験だなあ。

    
posted by hide at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

町田は勉強の街だ!

 よく「町田はいいマチだ!」と言う。
 これからも、小学生等を中心にこの名言は語り継がれるに違いない。
 ま、実際は人によって好みがあるだろうけど、僕のいいマチだ度としては普通レベル。
 とにもかくにも町田には勉強目的で行くことが99パーセントなので、勝手に勉強の街
 と位置づけている。

 前にも書いたけど、TAC町田校の前には、四谷大塚だの早稲田ゼミナールだのが
 あって小学生が今からバリバリ勉強している。ぱっと見だけど、なんか楽しそう。
 みんなリュックをしょって、けっこう元気に校舎に入っていったりしてる。中でどんな
 スパルタ教育がほどこされているかしらないが、どんどん勉強してほしいなあと思う。
 よくわからないが、小学生から20歳位にかけては脳の発達もめまぐるしいものがある
 だろう。その時期にきちんとトレーニングするっていうのはいいことだ。
 今にして思えば、国語なんて先人の素晴らしい文章を読めるわけだし、算数もあの
 訳のわからない数学をかみくだいたものだし、理科だって自然の科学をわかりやすく
 説明したものだ。結局、人類の英知を体系的に学べるってことなんだなあ。
 もっとも小学生にその意識はないだろうけど、大人はそんなつもりで教科を設定して
 いるんじゃないの。
 なんか小学校にもう一回行きたくなった。あくまで小学レベルでいいんだけど。

 まあ、そんなわけでTAC周辺はちょっと勉強チック。小学生に負けないように
 勉強しなければならない。ライバルは小学生。って危ないな私。
 
 今日は、TAC町田校にて一日自習の予定。
 講義の復習、アクセス、理論の暗記って感じかなあ。
 頑張りましょう。わーい(嬉しい顔)
posted by hide at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

心に花を!

 なんか試験制度改革の影響や、社会の変化に対応するために
 試験勉強の内容も昨年と比べて激変してる。

 簿記は、連結財務諸表などで実務的な細かい部分も試験範囲に入ってる。
 財務諸表論は、実務指針も積極的に読めということで、あの分厚い監査六法を
 使えと言われる。
 管理会計論は、そんな変化ないが財務分析とか新しい分野がお目見え。
 監査論は、新しい監査基準が出来るらしい。委員会報告書も昨年より5つも
 増えている。
 企業法にいたっては、新会社法の施行でまた一からやり直し。
 租税法なんていう新科目も仲間入りだ。
 うーん、すごいね。勉強2年目だけど、こんなに変わると思わなかった。
 どれもベースはいっしょなので、昨年の延長線上にはあるけど・・・・。

 そこで、私が感じる会計士試験のイメージの世界。
 私は、果てしなく長い下りエスカレーターに乗ってます。
 じっとしてると、自動的に下がっていきます。
 この状態は、科目の改正にも気付かず、新しい知識を吸収できないまま
 下がっていくことを意味してます。
 なので私は、これじゃまずいと思い、下りエスカレーターを「ぬおっー」っと
 言いながら駆け上がります。
 それでようやく、世の中の変化に追いつく感じ。
 でも、それでは変化のスピードと同じになっただけで、他の会計士受験生と
 ようやく横並びになっただけです。
 ですので、私はさらに「ぬおおおっー」と叫び、下りエスカレーターを駆け上がる
 速度を上げます。
 なぜかエスカレーターの下り速度も、ぐんぐん速くなっていきます。
 「ぬおおおおおおおっー」とさらに力をこめて駆け上がります。
 しかし、下りエスカレーターもさらにぐんぐん速くなる。
 「ぬおおおおおおおおおおおおっー」
 「ぬおおおおおおおおおおおおおおおっー」
 と必死に駆け上がり気付くと、地面が動かなくなってる。
 エスカレーターの入り口に立てた。
 そこがゴール。つまり合格。 

 てな感じ。延々とイメージの世界(長過ぎ)。
 会計士試験は、気合と根性の下りエスカレータの世界なのだ。
 でも、私は、「ぬおおおおおおおっー」(しつこい)とやってる間も
 常に心に一輪の花を咲かせつつ生きていきたい。
 厳しい競争ではあるけど、花の可憐さをもってやさしい世界にしたい。
 そうすれば計算にも花がうまれ、論証にも花がちりばめられ美しいもの
 になるに違いない。
 なんのことか意味不明になってしまったが、これが今日のテーマ。
 「心に花を」。

 
 強引だな。論理的につながってないな。けど、まあいいか。
 今日も勉強頑張ろう。
 
  
posted by hide at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

くじら屋

 浅草のくじら屋で飲んできた。
 ここは、あのビートたけしが売れない頃から通っていた居酒屋だ。
 お店の壁の中央に、ビートたけし&北野武とダブルネームで
 サインが書いてあった。
 そんなものを見るだけで、込み上げてくるものがあり、熱くなって
 カウンターでいただいたチューハイがすごくおいしかった。

 いっしょにいった友達は、ママさんに「人生どうですか?」
 とお馬鹿な質問をしていたが、「人生はつらいだけよー」
 と軽くあしらわれてた。
 「今日あたり、たけちゃん来るかもねー」なんてびっくりすること言ったが
 カウンターの他のお客さんが「確か今海外よ」なんて教えていて、
 なんかとてもいい感じ。
 江戸の下町気質があって、芸人さんの夢があって、自分も頑張ろうって
 思わせる力がある居酒屋でした。
 
 「出世したらまた来ます」って言って帰ってきました。
 
posted by hide at 13:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

財務会計論基礎答練第1回

 06から新試験制度になって、財務会計論の論文式試験は
 2日目の2時から5時までの3時間問題になる予定だ。
 6と2と5と3ね(?)。
 で、TACではそれにあわせて、簿記と財表をあわせた3時間
 答練が組まれている。その第1回目が昨日渋谷校で行われた。

 中身は、計算、理論、理論の3題。配点が、60点、60点、60点。
 3時間ということで覚悟して受けたが、終わってみると
 中身が従来と大幅に変わったわけではないので、すんなり
 終了した感があった。普通に、計算1問解いて、理論を2問書いた
 って感じで特に目新しく感じなかった。
 でも、3時間ってことで、時間配分が難しくなるねー。ってか、
 計算問題っていうのは、なんか一応すべて解きたくなるじゃ
 ないですか?(僕だけ?)なので、やろうと思えば、3時間
 かけられる。そんな自爆行為はしないけど、これから、もし
 理論とかわからないものが出題されたりしたら、余った時間で
 計算ゆっくり解いてたりするのかな。まあ、いいか。
 昨日は、計算に1時間20分、理論にそれぞれ50分って感じで
 時間配分した。
 実際の本試験では、まあ取れて平均点よりちょっと上だろう
 から、その辺りの点数が取れるように、答案練習していこうと
 思う。
 これからも、暗中模索が続く。でも、3時間答練なかなか
 楽しかった。頭は疲れるけど、その疲労感がくせになる感じ。
 
 で、昨日は、カリキュラムの関係で、その後監査論の基礎答練
 第1回も受けた。まだ、あまちゃんなので、頭が疲れて思考力が
 続かなかったのが悲しい。本試験は、1日で2科目やるので、
 当然対応してかねばならない。
 後、書きっぱなしなので、腕が痛くなる。今もまだ痛い。
 これも克服しなければならない。
 後、論証をもっときっちり美しくできるようになりたい(今のところ
 これが最大の課題)。

 帰りの田園都市線、多摩川を渡る時、月がすごくきれいだった。
 今日は中秋の名月の日だけど、昨日も充分、名月。
 なんか、一瞬だけど川面に映った月が見えた。綺麗。
posted by hide at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

ハイグレードな頭脳

 記憶力って人によって差がある。 
 TACにも、論証例を完璧に暗記できちゃう人はいるらしい。
 おそらくトップクラスの連中は、さらりと論証の全体像が頭に
 染みこんじゃうのではないかと思う。
 昔、友達のおにいちゃんが東大にいっていて、その人は語学の
 テキストを一度読んだだけで、大方訳したりできるようになった
 らしい。実際に見てないので、ちょっと嘘くさいけど。

 まあ、とにかくそんなハイグレードな頭脳は私にはない。
 論証例なんか覚えたつもりでもすぐ忘れる。悲しい位に再現
 できない。このまま、大切な思い出も消えてなくなるんじゃ
 ないかと不安になる。
 対策としては、やはり繰り返し。忘れないように繰り返し。
 暇な時間に繰り返し。で、なるべく書く。きたない字でもいいので
 書く。どこでもいいので書く。この、リフレインが大事。
 結局そういった対策しかできない。
 でも、そうこうしているうちに骨格記憶(by長瀬)位は定着
 してくる。
 それが明日への希望だ。

 しかし、TACにもいるという超ハイグレードな頭脳の持ち主
 には、会ってお話を聞きたいなあ。純粋な興味本位だけど。
 で、目の前で、実際に初めて見るような論証例を暗記してもらいたい。
 自分の脳力が上がるわけではないが、そのような人とお友達に
 なりたいなあ。


 ブログのすみっこの方に、小さく書いてありますが、
 ブログの更新日を、火曜日 金曜日 日曜日としました。
 回数減らした分、内容充実させたいと思います。
 ので、皆様よろしくお願いいたします。猫
 
posted by hide at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

選択科目

 新試験制度になって、選択科目が一科目となったけど、
 おそらく経営学選択がトップだよね。
 まあ、TACの生授業の受講数とか見てて大体そんな感じ
 だと思うんだけど。
 昨年は、民法と経営学を選択した。
 民法は、やはり古代ローマ時代から受け継がれる法律だけ
 あって私には敷居が高かった。
 民法知ってると日常生活にも役立つなんていっていたが、
 債権者代位だの虚偽表示だの代理行為の瑕疵だの、
 いちいちめんどくさい。
 よく言われることだけど、日常ではユーザビリティが低すぎ
 て使えない感じ。
 しかし、背後にある理論は崇高のもので、論理的思考には
 かかせません!というような教授の主張もわからないでは
 ないですが・・・。 
 結局、身につかなかった。すごく残念だけど。
 あるいは、民法コンプレックスを抱えてしまった感じだけど・・・。
 
 で、今年は、選択科目が一科目になったので、私は一番
 とっつきやすい経営学を本能的に選択した。
 勉強量が民法と比べたら1/5位で済むよ。きっと。
 民法選択者の方は偉いなあと思う。離れてしまうと2度と
 勉強する気にならないもんなあ。
 しかし、喜んでばかりもいられない。
 選択者が多いと、問題のレベルも上がるのではないか?
 来年は、新制度初年度なので大丈夫かもしれないが
 (何の根拠もないけど)、どんどんマニアックな出題が増えていきそう。

 とにもかくにも、来年できっちりパスしたい。
 
posted by hide at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

会計士逮捕

 あのカネボウを監査していた中央青山監査法人の
 会計士4人が逮捕された。
 企業会計の番人にあるまじきことだ。
 これで、いわゆる社会的信頼性はなくなったし、
 監査法人の内部統制の程度もわかる。
 やはり、法律とか制度では防げないのかなあ。
 いくら監査主体論で偉そうなこと言っても
 実際は、顧問先(=お客さん)なので、相手の言うなり
 になったりする。
 また、例え大部分の会計士は真面目に仕事していると
 言っても会計士業界全体の問題だし、今後どうなって
 いくのか否が応でも気になる。
 あれ、審査した会計士だって不正を見抜けないわけないよね。
 ということは、やはり中央青山にも責任はある。法人自体にも
 なんらかの処分ありだよな。

 しかし、力が抜ける。
 まだ、容疑の段階だけど・・・。
  
posted by hide at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

セルリアンタワー

 TAC渋谷校の近くに、セルリアンタワー東急ホテルがある。
 東急が何年か前に作った豪華なホテルだ。
 TACの出口から、246号線と首都高を渡る陸橋があって
 その先がセルリアン。
 昨日、勉強の合間にフラフラと行って見た。
 
 友達や親戚がここで結婚式してるので何回か来てるが、
 今回は、特に用事がない。
 しいて言えば、どんなお店が入っるか確認しようって感じ。
 まずは、お店の名前は忘れたが、シャレたイタリア料理店が
 あった。ガラスの壁で中がよく見えた。とっても、いい雰囲気。
 メニューは、お勧めコースが9,000円とか書いてあった。
 次に、お店の名前は忘れたが、なんとジャズライブハウスが
 あった。内外の有名なミュージシャンが訪れて毎晩ライブしてる。
 こーいう所で聴く音楽は、プロがやるので当然だけど、すごい
 良質。街のライブハウスもいいけど、このホテルにあるライブハウス
 にも、すごい魅かれた。土曜日は、オールナイトで3,000円だって。
 いずれのお店も、セルリアンの3階。さっきの陸橋を渡ってすぐ
 あるよ。

 そこまで見て、TACに舞い戻りましたよ。で、また勉強しましたよ。 
 当然だが、受験生&無職者の私にそのような華やかな遊びをする
 余裕はなく、今はひたすら勉強あるのみですね。少しむなしいけど。
 しかし、合格の暁には、セルリアンでもどこでもいいので、おいしい
 ものとか、おいしい音楽に浸りたいなー。

 ささやかな夢。でも、実現しそうな夢だな。うん。
 
posted by hide at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

自習室 

 TACは、使ってない教室を自習室として開放している。
 僕は、ほとんど自習室で勉強している。
 管理会計論の近藤先生(若い方)も、「日本は狭い」?→「勉強する
 場所が少ない」?→「TACの施設をおおいに利用しよう」と、ちょっと
 強引な論法でTAC利用を勧めていた。

 一日自由に勉強できるスペースをもってるっていうのは、実はとても贅沢
 なのかもしれない。
 だって、駅に近いし、クーラー効いてるし、静かだし、空いてる時は、
 机ひとつ独占して広々と勉強できるし、勉強に飽きたら好きな本なども
 読める。
 もし、独自に自習室を借りたら、お金かかるし、駅に近いとは限らないし
 広々とした空間であるとも限らない(実際、水道場橋の貸し自習室は、
 想像を絶する狭さで、ちょっと場末。でも、好き好きだけど)。
 自宅派、自習室派って、別れているけど、あのTACの受講料の中には、
 自習室利用料というか、設備維持費が含まれているよね。原価計算的に。 
 というわけで、自習室は利用価値が高い。

 自民党、圧勝。この選択が正しいか否かはこれから。
 未来に期待。
 
  
posted by hide at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

受験仲間

 会計士試験に限らず、世の中の多くの試験は結局自分との戦い
 なので、受験仲間は多い方が心強いと思う。
 情報交換も出来るし、わからない所も教えてもらえるし、
 論点を議論できたりするのもメリットだ。

 TAC夏上級がスタートして昨年の夏上級でいっしょに勉強
 していた面々の多くが再挑戦している。君も、またやるのか?! 
 君もだめだったのか?と、会計士試験の厳しさを知ると同時に
 新たにみんなで頑張ろうという気持ちになる。
 だがしかし、私の場合、実は受験仲間が少ない。ふふふ。
 でも、見知らぬ人でも、ほぼ毎日なんとなく顔みてれば、
 知り合いの気分になるよなあ。
 教室でニコニコしている時あれば「なんかいい事あったのだろう」
 頭を抱えている時あれば「問題にはまってんな」
 位のことを勝手に思う。そして駆け寄って、話しかけたくなる。
 知り合いでもないのにそんなこと思ってごめんよ。
 いつもそんなこと考えてるわけではないけど。
 
 まあ、多少(かなり)気持ち悪い私ですが、例えば数ある予備校の
 中でTACを選んだり、同じ校舎で同じ講義を選らんだりって
 いうのは偶然なんだけど、それはそれで同じ時間を過ごすって意味で
 単なる偶然ではない気もするでしょ。
 何を言いたいかよくわからなくなりましたが、みんなで気合いれて
 頑張ろうと。変な仲間妄想持ってる奴もいるから気をつけようと。
 そんなことに気をとられず受験勉強に集中しようという話でした。

 さて、今日は噂の衆院選。かつてこれ程のわかりやすい選挙もないんじゃないの。
 結果、楽しみ。
posted by hide at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

解答速報

 今年の夏は暑かったなあ。
 夏といえば、論文式試験。ビールだの海だの花火だの、
 ではなく論文式試験。
 で、TACでは05の論文式本試験の解答速報が出されてた。
 概ね、標準的な問題。だいたい6割は確実にとってほしい
 というようなことが書かれてた。
 実際の試験問題も、なんかあたりがソフトな感じ。
 ちょっといけそう。と感じさせる問題だ。
 
 あーーーーー。まあ、今年は、合格は無理だとしても、
 せめて論文式本試験の雰囲気だけは感じたかったなあ。
 実際に受験するとしないとじゃ、深みが全然違う、
 成長速度が全然違う、今年の受験戦略が全然変わる・・・
 などと、無用な事思う私。引きずるタイプじゃないのに。
 ホント、情けな。次に行きなさいよ。次に。

 結果、今年の試験はハイレベルな戦いになりそうね。
 なんだか合格者も多い予感。
 不合格者の私はどこかで時間とって、きっちり問題解かねばなるまい。
 
 さて勉強。今日は、都合で渋谷行けないんだよね。ま、いいか。
  
posted by hide at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

台風一過

 昨日は、全国的に台風の影響で天気荒れてたと思うが
 ことに渋谷でも台風は猛威をふるってたよ。
 駅からTACに向かう坂道では、ビュービュー風が吹いた。
 ビルの谷間ってこともあるだろうけど、風が強くて
 呼吸が出来ない位だった。
 歩いてるみんなも顔をしかめて髪の毛がみんなオールバックになってた。
 空は、雲がびゅんびゅん移動して、なんかのビデオの早回し映像を見てるよう。
 いやー、すごかった。

 で、昨日は、経営学の講義が始まったよ。
 生講義の関係上、桑原先生の講義だ。経営学は、05と
 試験委員がおそらく変わらないから、受験対策は去年と
 同じでいいみたい。なので、聞いたことことある経営管理の
 分野を今回は丁寧に教えてくれた。
 なんだか、「アクセス」と言って答練を思い浮かべる人は、
 TACの「風土」に染まってるなんて話もしてたが、私なんか
 まさにそれ(何日か前のブログでも書いたし)。TACにどっぷり
 つかってるのね。気がつかないうちに。ああ。
 しっかし、経営学のテキストはそんな厚くないし、その気になれば
 どんどん自習できる。得意科目に据えるのは危険だけど、ちょっとは
 自信あるよ、私・・位のレベルまでにすぐいけそうだ。きっちり
 基礎を固めながら取り組んでいこう。

 台風一過で、素晴らしいスカイブルー。
 さわやかな空って、とてもいいね。
 気持ちよく勉強できそう。
posted by hide at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

管理会計論の理論

 原価計算は、管理会計論と名前を変えた。
 ので、やはり科目において計算から理論へのシフトが
 起きている。
 管理会計論の理論は、現場対応、その場その場で
 書く内容が変わってくるので暗記は不要だと言われる。
 けど、私の場合、理論を書くにしても、いわゆる
 理論の部品となる専門用語の知識が少ない。
 なんか監査とか、財表の場合と違って、管理会計論の
 理論って頭に入りにくいんだよなあ。
 しかし、管理会計論は理論制覇なくして攻略できない。
 ま、結論は頑張るしかないということね。
 どうやって勉強するかは、また書きます。
posted by hide at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

アクセスセレクト

 今年のアクセスは、これまでの「アクセス」を超える「アクセス」らしい。
 要は、大幅にリニューアルするらしい。 
 先日、渋谷校でアクセス開講に先がけて、「アクセスプレゼンテーション」
 なるものが行われたので出席してみた。
 プレゼンとか言って、どんなことするのかなーって思ってたんだけど、
 中身は担当講師によるアクセスの説明だった。
 けど、すごかった。まさにプレゼン。恐らく、あの教室で説明を聞いた
 受講生は、みんな「やる気」になったに違いない。
 担当講師陣による説明は、どれもニューアクセスの魅力をあますことなく
 伝えていて、なんだかアクセスにかける意気込みは相当のものがあった。
 丁寧にアクセスを消化していくことで、合格が近づいてきそうな気がした。
 まあ、アクセスを受講することはいいとして、たった1時間(担当講師に
 よる説明は、財務会計論、管理会計論、租税法でそれぞれ15分位)で、
 生徒をやる気にさせる話術、説明の仕方などは、さすが。
 というわけで、意外と有意義な時間を過ごしたなあ。
 
posted by hide at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

で、渋谷校。

 朝起きて窓を開けたら、秋の風が吹き込んできた。
 「何が、秋の風?」・・・なんとなくなんだけど。

 で、渋谷校。
 昨日、行ってきた。
 9時前に着いたけど、教室ではすでに多くの受験生がいつもと
 変わらない様子で勉強していた。全く、普通。さすが。
 ビル自体は新築を想像していたが、そんなことなくエレベータ
 なども、ちょっと疲れて感じだ。内装は、どこもきれいだけど。
 教室は、1階から9階まであってたくさんあるなあという印象。
 席とりとかなくなればいいね。
 ショックだったのは、椅子。勉強の能率を決める椅子だが、
 ふかふか椅子の数が少ない。硬い奴、嫌。お尻すぐ痛くなる。
 そんな感じ。

 学校の周辺は、基本オフィス街だけど、ちょっと歩けば繁華街。
 遊びにいこうと思えば、すぐ行けちゃう。
 実際、誘惑多いね。学校の裏に、ライブハウスの「Lamama」が
 http://www.lamama.net/welcome.html
 があった。確か、ミスターチルドレンが若手の頃出ていたライブ
 ハウスだ。音楽好きなので、出演者とかかなり気になった。

 まあ、これから渋谷の街で勉強ね。気合いれてこ。
posted by hide at 07:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

今日から渋谷校&岡田代表

 今日からTAC渋谷校オープンか。
 新しいから快適だろうな。出来れば、エレベーターが
 たくさんあって、景色のいい休憩スペースがあればいいな。
 って、生意気なこと言ってます。
 通学時間は、水道橋とかと比べて15分位短縮か。たいしたことないな。
 渋谷の街自体は、どうだろうか。
 246号沿いのオフィスビルの一角なので、センター街の喧騒はないね。
 本屋さんとか、CDだとか言い出すと、センター街周辺に行くのか。
 めんどくさそう。
 いずれにしても目標は会計士試験合格。新しい環境のもと、がんばろ。

 
 昨日、町田に民主党の岡田代表が選挙演説にやってきた。自分達で
 政権をとり、この国を改革したい!という想いがビシビシ伝わってきた。
 国家の未来のことを、わがこととして真剣に考え実行に移す。十年、二十年
 五十年、百年単位で物事を考えてる。かっこよかったなあ。
 よく考えて選挙にいこうと思いました。
posted by hide at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

今日のメニュー

 昨日、休んだから頭スッキリ。 
 今日は、なぜか管理会計論の講義が休みだから、
 一日自習できる。よしよし。
 
 今日のメニューは、

 「簿記」 上級基本テキストAのインプット。連結は、処理していることの
      意味がつかめると急速に理解が深くなる。前回は、最終的に仕訳
      を覚えちゃおう・・なんて悲しい状況だった。

 「財務諸表論」
      テキストの論証例の答案構成、理解、暗記。テキストに出ている
      論証例は、ランクAらしい。みんな書けるという意味で。

 「管理会計論」
      上級問題集@。原価の部門別や、個別原価計算。なんとなくかっ
      たるいところだが、しっかり解こう。

 「監査論」テキスト読み込み(だけにしよう)。

 「企業法」授業の復習。小飯塚レジュメ中心に。後、条文確認。
 
 位かなあ。午後、やっぱり眠くなるんだけど、その時どうするかがポイント。 
 立って勉強すればよい、と言ってる人がいたが、やってみようかな(自習室
 で、立勉。怪しいな。)。
 しかし、一日頑張って勉強しても、振り返ってみると進んだ道はほんの少し
 だったりするのね。しかし、その積み重ねがとんでもないことになるわけね。
 そういうところは、勉強は裏切らないよなあ。
posted by hide at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

今日は休み

 9月がスタート。文化芸術の秋。今日は、勝手に休日。
 TACもないし。なんか頭が疲れてくると、急に集中力が落ちる。
 少しだけ勉強から離れるだけで、かなりリセットされる。

 昨日は、企業法第3回。旧法と新法の違いの説明を受けながら
 講義は進むが、私、意外と旧法のこと知らなかったりする。
 というか、はっきりいって小飯塚先生の指摘は細かすぎるような
 気がするなあ。よくわかるからいいけど。
 昨年は、阿部先生の講義を受けていた。で、この方の場合は、
 言うなればオトコの講義で、あまり細かいこと言わず
 レジュメ理解して論証例どれだけ覚えられたが勝負だ的な感じ。
 その大雑把さがちょっと不安だったので、今年から小飯塚先生
 の講義を受けることにしてみた。
 まあ、早く体系的に理解して論述がたくさんできるようになりたい。

 今日は、いい天気だな。9月に入ったから、もう秋晴れと言うよ。
 水道橋の南に広がる神田の古書店街など、なにも考えず散歩したいね。
 
posted by hide at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。