2005年08月31日

スピード

 8月31日ね。ただの月末なんだけど、8月の場合は夏の終わり
 って感じね。他に月末の大御所といえば、大晦日。ちょっと
 うれしいのが、うるう年の2月29日。後、3月31日も、自然と
 リセットされる気持ちになる。

 ちょっと前8月になったばかりなのに、もう終わり。早いね。
 小学生の頃なんて、それこそ一日が永遠だったのに。よく
 1年/自分の年齢=1年の体感速度 なんて話を聞くけど、本当
 早くなってる。だからね、強引だけど自分自身の中でも抽象
 的にスピードをあげて時間の体感速度と相対的につきあって
 いきたいと思ったの。
 要は、電車が同じ方向に併走している時、両方ともスピード
 はかなり速いけど、乗ってる人達の感覚としては、お互いゆ
 っくりしたスピードに見えるみたいな。
 あの感覚で、問題を解く!
 
 はあ?まあ、8月も末ということで、今日も頑張って行きましょう。
 今日は、水道橋。小飯塚先生の企業法。どんな展開があるか楽しみ!
posted by hide at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

自動販売機(飲み物編)

 TAC町田校の近くに、ジュース類が安く売ってる自動販売機がある。
 120円の缶コーヒーが100円。150円のペットボトルが120円で売ってる。
 勉強していても喉は渇くので、町田に行けばほぼ毎日そこで飲み物を購入している。
 少しでも安いとうれしいのね。セコッ。・・・まあ、しかし、「さおだけ屋はなぜ
 潰れないのか?」でブレイクした、今一番売れてる会計士 山田真哉さんの行動基準は、
 とにかく安い方を選ぶことだそうだし、そんなノリで僕も無駄なお金は使わないように
 している(でも、山田さん本のヒットでリッチになったから過去は忘れたかもしれない)。
 
 で、昨日、水道橋をフラフラ歩いていたら。見つけちゃった。町田と似たような
 安売り自動販売機。こちらは、ペットボトルが110円だったり、缶コーヒー90円などの
 目玉商品を据えられていて、なんか更に良心的だ。
 
 どちらの場所にも、たばこの自動販売機が設置されていて言うなれば多角化経営を
 している。町田の方は、なんと3台位大きな自販機が設置されていて、そこではなんと
 世界中のたばこが販売されている。「日本のたばこ」「外国のたばこ」というくくり
 だが「外国のたばこ」では、アメリカ以外に中国、イラン、フランス、イタリア、
 ブラジル(国名いい加減)などのたばこが売っていて、ちょっとした博物館。暇な
 時に眺めてると面白い。

 場所は、きっと皆さんご存知でしょう。知らない方は、勉強の合間に探してみてください。
 どちらも、TACの近くです。町田で、たばこを眺めてる人がいたら僕です。ちなみに
 僕は吸わないけど。
posted by hide at 07:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

ヨーダ

 スターウォーズは、ストーリーが単純であまり好きじゃないけど
 社会であれだけ盛り上がるってのは、すごいことだ。
 今夏公開されたエピソードうんたらは、勉強忙しくて観てないが、
 僕にとってのスターウォーズ体験を書いておこう。
 
 映画が公開された当時、ペプシコーラにスターウォーズのキャラクター
 を模したボトルキャップがおまけについた。あれは、数十種類も
 あって、マニアの間では必須のコレクターズアイテムらしい。しかも
 中身がわからないので、袋の大きさや、さわった感触でお目当ての
 キャラクターを探す(よくスーパーで、おまけの袋をバリバリ触って
 中身を想像しているマニアを見かけた)
 コンビニでそのおまけ付きペプシを発見した僕は、とりあえず買った。
 (おまけ付きジュース、実は好き)
 そしたら、中身はヨーダ。ライトセーバーを持って、こちらを見ている奴。
 へーと、言って机に飾っておいた。

 で、話はちょっと変わる。TAC町田校の近くに福屋書店がある。勉強の
 合間によく行くんだけど、福屋書店はビルの2階。そのビルの1階に、
 フィギアだとか、映画のパンフレットだとか、懐かしいオモチャとか
 売ってる楽しいお店がある。そこで、先程のスターウォーズのキャラクター
 ボトルキャップがなぜか売っている。
 
 何気にお店の前を通った時、我がヨーダは、300円で売られていた。へー。
 次に通った時、400円になってた。でなんと、昨日前を通った時には、500円に
 なっていた。他のキャラクターで、それ程値を上げているいるものはない。
 我がヨーダちゃん、すごいじゃん。・・・・とまあ、ただそれだけ。
 時価は500円だが、正味実現可能価額はしれたものだろう。桁も後、3つ位
 つかないと面白くもなんともない。300円が500円。
 
 これが、私にとってのスターウォーズ。  どぅ?

 さて、今日は、財務諸表論。損益計算のとこ。財務諸表論の基礎となる
 重要な部分。がんばろ。水道橋に行くのも、残すとこ2回。そしたら、
 渋谷校が開校するので、そちらへ。近くなるから便利。
posted by hide at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

ペースアップ!

 先週からTACの講義が本格化してきた。
 来年は、上級講義受けたくないので、
 これで最後なんだと自分に言い聞かせ、
 それなりの覚悟をもって授業に臨んでる。
 
 今年は、改正点がたくさんあって大変だが、
 基本的な部分は、昨年も勉強している。
 なので、今年の場合、自分でどんどん先に
 進めるわけだ。
 
 とりあえず、論文式試験の合格発表の頃まで
 には、簿、財、管、監位は第一次完成レベル
 にもっていこう。昨年の答練がすべて
 解けるレベルが目標。

 急いで基本をおろそかにしてはいけないし、
 かと言って、ゆっくりしてたら全てこなせない。
 で、今考えてることは、自分の中のリズムの速さを
 少し上げていこうということ。4ビートから8ビート
 位に(かなり抽象的)。

 今日は、講義がないので、ベースの町田校に行く。
 全然関係ないが、今日は社労士本試験。
 友達が受ける予定。祈、合格。
posted by hide at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

水道橋における町田ビル

 水道橋校にて、管理会計論の講義を受けた。 
 授業自体は、近藤マシンガントークのおかげで、
 復習するとたいしたことではないが、授業中は
 壮大な原価計算論を聴いた感じがした。
 
 ではあるが、水道橋校の裏にある町田ビルが今日のテーマ。
 夜、水道橋校が授業でいっぱいだったので、町田ビルで
 自習することにした。で、受付で「町田ビルはどこにあるんですか?」
 と質問をしたら、「このビルの裏手にあります。」と、あそーですかあ、
 みたいな雰囲気。で、行ってみるとフラッシュバックっていうんですか?
 「あ、ここ昔きたー、知ってる、知ってる」と学生時代に一度このビル
 で自習した記憶が突如蘇った(税理士とかやってるから、実は私TACとの
 付き合いは長い)。
 まあ、それはそれでいいのだが、ここからが本題。
 なんか町田ビル荒れてたねえ。雰囲気が。
 まず、ビルの前に受講生らしい学生の集団がたむろしてたばこ吸って談笑
 している。「今日のTAC」が傾いている。エレベータが古い。教室の
 電気が暗い(感じがする)。まあ、そんなわけで、八重洲校だとか、
 池袋校だとか、町田校だとかと比べると、場末の雰囲気を感じてしまいました。
 で、勉強自体は、どうかというと普通にできるので、うだうだ言う必要なしなんだけど。

 しかし、水道橋校の裏に、ひっそりと建つ町田ビル。しかも、ちょっと場末。
 なんか、アジがあるといえばある。きっと好きな人もいるんだろうな。
posted by hide at 07:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

論文式試験も終わり・・・

 論文式試験が終わった。何度もしつこいが
 僕は受けてない。関東は、最終的に台風が
 来て、嵐の論文式試験となった(嵐に意味なし)。
 
 StartPage!会計士受験生のサイトを通して、
 論文式を受けた方のブログを見ると、やりきった
 達成感のようなものが感じられ、なんかすがすがしい。

 僕は、今年の短答式試験の後は虚脱した。
 早稲田で受けた後、強い西日を受けながら、なぜか
 大久保駅までトボトボ歩いてしまった(高田馬場の方
 が近かったのに)
 家に帰って自己採点して、奈落の底におちて
 しばらく何をしゃべっているかもわからない状態
 だったなあ。
 そんな僕も今は通常の生活をしているが、来年の
 今頃を思うと、胸が熱くなる。

 後悔のないように、だれよりも強い自信をもてるように、
 最終的に合格できるように、今日も我が道を行こう。
posted by hide at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

八重洲校にて企業法と監査論

 台風が近づいてきて落ち着かない日でしたが、
 今日は、TAC八重洲校にて、上級企業法と、監査論の第1回VTR授業を
受けてきました。
 
 ご存知のように、商法は、新会社法が試験範囲に加わり昨年と
ガラリと変わりました。また、一から大変ですが、
個人的には、新会社法になってかなりうれしいです。
 うれしい理由は2つ。
 1つは、条文が読みやすくなったこと。今までのカタカナ条文デハ、
ヤハリイミガツカミニクカッタ。それが、会社法は、きちんとした
日本語で書かれているので、スラスラ読めて、ストレスを感じなく
なりました。
 もう1つは、やはりこれから未来に向かって適用される法律なので
勉強して価値があることです。なくなる旧法をわざわざ勉強する価値
は皆無ですね。実務でも役に立つし。
 そんなわけで、意外とやる気あるんだよなあ。

 授業の方は、小飯塚先生。試験に直結する秘訣など、いろいろいい話も聴けましたが、
私が気になったのは、「論証例は、リズムよく学習することが大事」という点でした。
ひっかからなくていい点かもしれないですが、良い論証例とか模範解答などは、読んでて
すごくスムーズなんですよね。それは言い換えると、「リズムにのってる」ような
状態だと思うのです。まあ、そんな答案を今年は書けるようしよう!と思いました。

 もう1つの授業は、南先生の監査論。この方の講義は2回目。軸足がしっかりしていて
ぶれない講義。月〜金が監査法人、土がTACで講義。一体、いつ休むんだ。そんな生活を
長い間続けている。なんか、真似できないね。人格的に素晴らしい。

  後、八重洲校。私は初めて行きました。東京駅のすぐ近くで便利は便利。ビルは
古そうだけど、内装はきれいでした。なんか、開設予定のTACの会計大学院の東京キャンパスになるらしいですね。キャンパス?TACの教室じゃん。とふと思いましたが、まあ、
いいか。キャンパスっていうと、やはり広い敷地に1号館から10号館ぐらいまで校舎が
あって、勉強の合間には学内の庭園でくつろぐとイメージ。どうでもいいことか。
 しかし、教室はきれいだし、室内の温度も快適に管理されているし、勉強は
はかどる感じ。

 で、台風がきそうなので、授業終わったらさっさと帰りました。
 なんかまとまりのない文章ね。(もっとリズミカルに!)
posted by hide at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

静か。

 昨日は、自習室、空いてたねえ。
 私は、町田TACで自習をしてたけど、教室ガラガラ。5%位のシェア。
 パラパラいる人達は、それぞれの勉強に集中し、電卓だとか
 鉛筆のカリカリ音だとかがあまり聞こえない。人の出入りも
 少ないから、大げさにいうと音がなし。
 なので、ゆったりと勉強できた。でも、あまりに人がいないと、
 それはそれで少しモチベーションが下がった。緊張感がなくなるから
 だろう。
 
 今日は、昨日に比べて涼しい。寒暖の差があって、論文式の受験生は
 大変だろけどゴールは目前。もれ伝え聞くところによると簿記財表は
 そんなに難しくなかったようね。うむむ。早く問題が見たい。
posted by hide at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

気持ちいい朝じゃないの

 蝉が鳴いている。
 空は、なんとなく秋の気配。
 ちょっとさわやかな風が吹く。
 気持ちいい朝じゃないの。
 これから暑くなるだろうけど、
 良い試験日和だ。
 
 今日から、論文式試験。
 ファイナルステージに立てなかった私だが
 気持ちは論文式試験に向かってる。
 私にとっての「郵政民営化」は、間違いなく
 論文式試験なのだ(本当、意味不明)。

 来年の今日をリアルに想像しつつ、とりあえず
 私は、昨日、塩川先生が言っていた「試験直前期に
 短時間で科目の重要論点を確認」できるレジュメ
 の作成にとりかかろう。
 
 本当、皆さん頑張ってください。かげながら
 応援しています。

 P.S 財務諸表論の授業で言ってたけど、
 今年は、あのぶ厚い監査六法で勉強することを推奨
 してたね。
 実務指針などの重要性が増したかららしいけど・・。
 私は、会計法規集のコンパクトさが気にいってたのになあ。
 まあ、いずれ買うけど。しかし、新試験制度になって
 細かい論点増えてきた、というのが実感。

 
 
posted by hide at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

我が道を行く

 明日から、論文式本試験かあ。
 私もプレッシャーと戦いながら静かに本番を待っているはずだった。
 しかし、今年の夢は叶わなかった。
 くやしい。
 短答試験前は、異常な位集中して勉強した。
 気分的にも盛り上がり、今思うと、ほんと夢の中のよう。
 あれから、約3ヶ月。この時間は、とても長い。
 論文式を受ける人達は、ずっと今まで集中して勉強して
 きたんだろう。一時も気を緩められなかっただろう。
 どうか明日からの本試験、全力を出しきれるよう頑張って下さい。
 
 とりあえず、私は、今日から財務諸表論の講義が始まる。
 水道橋に行く。我が道。
posted by hide at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

財務会計論テキスト

 今年は、TAC公認会計士講座上級期の簿記の基本テキストが、
Vol.1からVol.6まで6冊ある予定。
 昨年の上級期は、全部で4冊だった。
 増えるねー。
 ちょっと、基本テキスト@を見てたら、基礎マスターの復習が
あったりして、そのせいもあるかもしれないが、分量増えるのは
気分的に嫌。05の直前講義でやった内容も含まれているし、どんどん
前倒しでインプットさせようということかもしれない。
 試験制度が変わって、今まで3次試験で問われてたことが、いわゆる
2次試験に問われるようになるっていうから、その辺りも考慮していか
ないとなあ。

 授業の進行も予定を見る限りじゃ、やたら早いし、ボリュームも多い。
いつも感心するんだけど、李先生などは、1回の講義でテキストで100P位の分量を
そつなく説明してしまう。復習するこちらも大変だけど、講義をする方も
大変だと思うけどなあ(まあ、講師陣の方はビジネスでやってるからいいけど)。

 個人的には、テキストが増えた分、どんな構成になっているか若干楽しみ。
TAC生は、みんな同じテキスト使うわけだし、きちんとこなしていこう。

 では、今日は、町田校で自習。行ってきます!
posted by hide at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

管理会計論講義

 2回目の上級講義。今回は、管理会計論がスタートした。

 講師は、もちろん近藤先生。昨年も同じ。
 この方は、ニコニコしながら、言葉をたくみに使いガンガン
説明する。昨年、原価計算が苦手だった私は、正直、説明が
早すぎてつらかった。メモも一生懸命とったが、後から見たら
悲しいかな意味不明だったりした。

 しかし、今年は、まったく違う。言ってること全て納得する。
そりゃそうか、2回目だし。
 先生は、昨年と同じ様に、シャープの電卓をつかい、「原価
計算の目的のうちA価格計算」を説明していた。そこに、私は、ひとつ
の講義の完成形を見た。というか、受験のヒントを得た。
 ある1つのことを説明するのに、いちいち説明は変えない。
また、逆にある1つのことを説明するにあたり、同じ論証がきっちりできる!みたいな。
 なんとなく受験に通じる法則でしょ。勝手な解釈だけど。

 また、なぜか、昨年の講義のレジュメを持ちこんでいた私は、微妙に
変わるレジュメの内容を比較しながら講義を聴いていた。ま、意味は
ないけど。しかし、説明の重点は、少しずつ変わっていくのね。

 とまあ、昨年聴いた1回目の講義に比べると、内容的に余裕を持って
聴けた。なので、とても面白く感じました。さっさと問題集@を解いて
知識を定着させよう。
posted by hide at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

夏上級。

 TAC夏上級申し込んだ。
 渋谷校にした。
 町田校で申し込んだが、もう2度と申し込みたくない。
 来年は、必ず受かると夏の青空に誓った。
 また、基礎からきっちり勉強ね。後、よく言う効率的な勉強で
 なるべく時間を有効に使おう(私は、アクセスの復習とか全部
 やらないと気がすまないタイプ、やっかい)。講師の言うこと
 よく聞こう。
 なんか、小学生の文章みたいだな。
 というわけで、がんばろ。
posted by hide at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

松尾芭蕉と憧れ

 まだまだ、暑い。蝉が鳴いてる。

 「しずけさや 岩にしみいる 蝉の声」 松尾芭蕉

 たくさんの名句を残した俳人松尾芭蕉は、
かっこいいですね。言うなれば詩人だし、
彼は旅が好きで、旅に出てはたくさんの詩を創る。
憧れるなあ、そういうの。

 こういう人生は、会計士とはまったく違うね。
 会計士に夢があるとしたら、やっぱ独立開業して
自らビジネスを展開していくことかなあ。
 監査の仕事は、決算書が適正か否かチェックする
だけだから、ある程度時間が経つと、あまり生産的な
ものだとは思えなくなるらしい。もちろん人それぞれ
だけど、かなりの数の会計士が独立していくもんなあ。

 「憧れ」いい言葉だね。この暑い中、精一杯鳴く蝉の声を聞きながら、
なんとなく想い描いてみました。

 
posted by hide at 14:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

会計士さんと税理士さんと飲み会

 昨夜、先輩の会計士Kさんと、税理士Tさんと飲んだ。
 焼肉をつつきながら、やはり、私は会計士試験のことを
しつこく聞いた。

 その会計士Kさんは、当時、TACの全答練で10位に入ったが
その年は不合格。で、翌年も同じ順位をキープして合格しました。
「さすがにショックだったよ」と軽く言ってたけど、10位にはいって
も落ちる時は落ちるという事実に、私もショックでした。
 10位に入る人は、やはり完成度も高いし、総合的にも力あるのにね。
 まあ、試験とはそういうものだと言えば、それまでだけど、短答
落ちても、くやしくて悲しいのに、10位で落ちたときの無念さは、
想像できない。
 問題的にも、特に失敗はやらかさなかったらしい。その辺は、
「試験委員との相性だ」と言ってた。うーん、難しいなあ。

 試験生活は、やはり地味。朝から晩までTAC。簿記とか原計は、
計算力を落とさないためだけに、毎日決めた量を解いていたみたい。
理論については、基本は、暗記。で、暗記した定義に理屈を
貼り付けてイメージを膨らますという感じ。
 後、基本書と呼ばれるものは、きちんと読まれてますねえ。
岡本清の原価計算とか、飯野利夫の財務会計論などは、
2,3回読んでたみたい。私は、まだ、1回だけだ。

 いろいろ貴重な話を聞くことができました。でも、合格するために
何をしていくか、何が必要かということは、全て語られないんですよね。
合格へのプロセスは、経営学でいうところの「暗黙知」が支配して
いる。自分でも、文字や言葉にできない、試験のノウハウが
たくさんある。最後は、自分なのね。

 で、税理士Tさんには、試験場で汗を拭いてと言って、タオルハンカチを
いただきました。今年の試験で使えればよかったんですけど・・・。
ありがとうございます。

 まあ、そんなわけで、試験だけじゃなく、会計業界の現状も知ること
ができたりして、有意義な一時でした。
posted by hide at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

精神状態

 今、僕は、公認会計士試験をパスすることに
全身全霊をそそいでいる。もちろん、24時間勉強
しているわけではないけど、現時点での短期的
目標は、試験をパスすることだ。

 20代の頃は、実にいろいろなことに興味があった。
なので、24時間を、勉強、趣味、遊びで実に拡散的に
使っていた気がする。

 しかし、最近は、会計士試験のことしか興味がない
(まあ、30を超えた受験生は、後がないので、自然に
そうなるのかもしれない)。
 なので、会計士試験が生活のほとんどを占めているが、
全然苦にならなくなった。 ちょっとした、お坊さんの
ような精神状態かもしれない(何それ?)精進というか、
合格に必要なら何でも文句を言わずやりますよ、みたいな
感じだ。

 こんな精神状態は、どうなんだろうね。無意味な欲望を
削ぎ落として、受験に集中する。ま、合格する人は、
みんなそんな感じだろう。私は、30を過ぎて、そんな境地
になりました(遅いなーふらふら)。

 さて、勉強。
 
 
posted by hide at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

大原町田校

 町田には、会計士受験校として、TACの他に、大原と、LECが
ある。今日は、大原町田校の話。

 05年は、TACの他に、大原で短答答練を受けた。そしたら、
ゴールドのメンバーズカードをくれた(要は、会員証)。
 その期間は、大原生であると勝手に解釈して、
TAC町田校の自習室がいっぱいの時などは、大原の自習室を利用していた。

 TACの教室の椅子は、ふかふかなので、比較的長時間座ってられるが、
大原は、かたいプラスチック製。なので、すぐお尻が痛くなって、姿勢を変えたりしちゃう。
でも、その違いは大きい。TACと大原を選ぶ基準として、もちろん、規模とか
質という問題が大部分なのだけど、自習室の快適性も私の中の判断基準のうちの重要な要素。
ざぶとん、持ち歩くのもめんどうだし。
 で、まあ、そんな硬い椅子の大原なんですが、公認会計士情報誌月刊コンパスという機関誌は、質が高いと思う。そのコンパスの巻頭に、受験生へのアドバイスがあるが、それは、実にシンプルで、役に立つことが多い。内容は、またの機会にするが、TAC斉藤学院長の、言うなれば、俺流の熱いアドバイスより心にしみるんだよね。

 そんなわけで、大原町田校の話からだいぶそれましたが、大原についてちょっと思うこと
書きました。
posted by hide at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

TAC町田校

 TAC町田校は、町田駅の近くにある。

 まわりには、四谷大塚とかがあって、親御さんに
手をつながれて子供たちが勉強しにやってくる。
 少し離れると、飲み屋街が広がっている。この辺りは、
東京都の客引き禁止条例が施行されてから、随分と歩きやすくなった。
 本屋さんとして、久美堂、福家書店がある。久美堂は、専門書
が置いてある。今は、新会社法の本が、雨後の竹の子の如く山積みして
ある。福家書店は、なぜかアニメ漫画系がやたら充実している本屋だ。
それっぽい人がたくさんいる。
 
 そんなTAC町田校は、僕の知ってる東京本校、池袋校とかと比べて
勉強環境的には、けっこういいんじゃないかと思う。
 自習室が比較的空いていて、みんなのびのび勉強している感じだ。
 ゴミゴミしてないから、ゆとりがある。

 しかし、一方で、ちょっとローカルだから、例えば東京本校の
あの殺伐とした闘志むき出しのギラギラ野郎みたいな奴は少ない。
それが、会計士試験という過酷極まるレースの勝者となるには、ちょっと
迫力不足で、合否に影響があるかもしれない。 
 東京本校は、うさぎもライオンも象も狼も羊もたぬきもいて、それがひとつのグルーブ
をなしてるが、町田校は、言うなれば、やさしいうさぎさんが主体の集団だ。
しかし、そんな町田校でも、力をあわせれば、勝利することは可能だ。(って
会計士試験は、団体競技ではなく、個人の戦いです)

 てなわけで、そんな町田校が大好きという話でした。また、あくまで
私見ですので、気を悪くされた方いらっしゃいましたら、ごめんなさい。



posted by hide at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

8月11日

 という、日にちに意味はないけど、
 8月ももう3分の1消化したんだな。
 気がつけば、来年の短答まで、9ヶ月。
 
はかなきや 試験にかける 我が人生」(字あまり、季語なし)

 私は、実質的に昨年の6月から勉強していますが、
 この一年は、あまりに早くはかなかった。
 今、再び来年に向けて頑張っているわけだけど
 自分の人生の一コマとして、いいシーンを
 創っていきたいなあ。(といって毎日TACで勉強してる輝く
 自分を想像してますが)

 というわけで、今日は、TAC町田校にて自習。
 行ってきます。(少し遅刻気味)
 
 
 
posted by hide at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

06年夏上級

 すでに、TACでは、06年会計士試験に向けて、夏上級コース
が開講している。諸事情で、まだ、申し込んでないけど、
受講する予定。
 
 でも、なんだか、TACでは、校舎の再編、構造改革みたいな
ものが断行されていて、東京本校から、渋谷校に主力が移る
みたい。事情通な友達がいない私は、「上級コース日程表」の
各校舎のものをみて、そこでの担当講師の顔ぶれで判断している
んだけど、そんな理解でいいのかしら?
 
 基本的に、VTR授業では集中力があがらないので、生で受ける
つもりだけど、そうなると渋谷校に行くことになりそう。
 05年は、授業は、東京本校。自習は、町田校というスタイル
だった。授業のない日は、東京本校に行くのめんどうになるんだ
よね。
 06年は、授業 渋谷校、自習 町田校だな。渋谷には、
電車一本だし、町田には自転車で行けるし。
 まだ、渋谷校に行ってないが、新しいからきれいだろうね。
なので、気持ちよく勉強できそう。

 しかし、後がないので、気合いれてきます。
 
 

posted by hide at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。